ニュース

コロナ、新たな流行始まり懸念 20〜30代の感染増加

2021/3/17 18:22

 厚生労働省に新型コロナウイルス感染症対策を助言する専門家組織は17日、会合を開き、全国の新たな感染者数は3月上旬以降、横ばいから微増が続いているとの分析をまとめた。20〜30代の感染者が増えており、座長の脇田隆字国立感染症研究所長は「若者の感染者増は感染拡大の早期に見られる。注意が必要だ」と新たな流行の始まりに懸念を示した。

 緊急事態宣言が解除される可能性がある首都圏の1都3県は他の地域に比べて感染者数が高い水準。宣言を解除した地域では2月末から夜に主要な駅や繁華街にいる人が増えている。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

科学・環境・医療の最新記事
一覧

  • 星出さん、米宇宙船で出発 (4/23)

     【ケープカナベラル(米フロリダ州)共同】米航空宇宙局(NASA)と米スペースXは23日午前5時49分(日本時間同午後6時49分)、宇宙航空研究開発機構(JAXA)の星出彰彦飛行士(52)と欧米の3飛...

  • カメ化石は新種、岩手 (4/23)

     岩手県久慈市の久慈琥珀博物館は23日、2008年に同市の約9千万年前の地層から見つかったカメの一種「アドクス」の化石が新種と分かったと発表した。甲羅の長さが約50センチと大きく、全長約70センチと推...

  • コウノトリ、親でなくても子育て (4/15)

     兵庫県豊岡市の県立コウノトリの郷公園は15日、雄の親が死んだ国の特別天然記念物コウノトリのひな3羽を、園で飼育しているコウノトリのペアに預けると、順調に育て始めたと発表した。園は、卵でなくひなを親で...

  • ワクチン、高齢者5万人が接種 (4/23)

     政府は23日、新型コロナウイルスワクチンの高齢者接種を受けたのは、22日時点で対象者全約3600万人のうち約5万1千人とする集計結果を発表した。高齢者接種は一部自治体で12日から開始された。使用する...

  • 40年超の原発再稼働、同意へ (4/23)

     福井県議会は23日の臨時議会で、運転開始から40年を超えた関西電力の美浜原発3号機(同県美浜町)と高浜原発1、2号機(同県高浜町)の再稼働を前提に、原子力政策の明確化などを国に求める意見書案を賛成多...