ニュース

荒磯親方、最優秀論文で表彰 早大大学院の修士課程1年制

2021/3/17 20:45
 荒磯親方

 荒磯親方

 大相撲の荒磯親方(34)=元横綱稀勢の里、本名萩原寛、茨城県出身、田子ノ浦部屋=が早稲田大大学院スポーツ科学研究科の修士課程1年制で、まとめ上げた修士論文が最優秀論文として表彰されたことが17日、関係者の話で分かった。「新しい相撲部屋経営の在り方」がテーマで、時代に即した力士の指導法などを多角的な視点から論じている。

 荒磯親方は2019年初場所限りで現役引退後、田子ノ浦部屋で後進を指導。独立して部屋を興す意向があり、昨春入学した大学院でスポーツマネジメントなどを学んだ。論文では相撲部屋に土俵を複数設けて稽古の効率化を図るなど、新たな部屋運営法を提案した。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

スポーツの最新記事
一覧

  • 宮沢はスプリント予選敗退 (2/25)

     【オーベルストドルフ(ドイツ)共同】ノルディックスキーの世界選手権第2日は25日、ドイツのオーベルストドルフで距離スプリント・クラシカルが行われ、男子(1・5キロ)は29歳で5大会連続代表の宮沢大志...

  • 野口と野中がW杯へ意気込み (4/14)

     スポーツクライミングで東京五輪女子代表の2人が、ワールドカップ(W杯)今季開幕戦(16、17日・スイス)への出発前日の13日、オンラインで記者会見し、野口啓代(TEAM au)は「W杯は1年半ぶりな...

  • 東京五輪、開幕まで100日 (4/14)

     新型コロナウイルスの影響で延期となった東京五輪は14日で開幕まで100日となった。12日に「まん延防止等重点措置」が東京23区などに適用され、感染再拡大への懸念が強まっている。13日の大阪府での聖火...

  • ソ4―7オ(13日) (4/13)

     オリックスが連敗を2で止めた。田嶋が七回途中1安打1失点で初勝利。1―1の六回にT―岡田の適時打で勝ち越し、九回は打者一巡の攻撃で5点を加えた。ソフトバンクは5番手の田浦が誤算で、連勝が4で止まった...

  • Bリーグ2季後は1部24チーム (4/13)

     バスケットボール男子のBリーグは13日、オンラインで理事会を開き、2022〜23年シーズンの1部(B1)は2部(B2)から昇格する2チームを加え、24チームによる3地区制で争うことを決めた。B2は1...