ニュース

米、2月の住宅着工10%減 6カ月ぶり低水準

2021/3/17 22:16

 【ワシントン共同】米商務省が17日発表した2月の住宅着工件数(速報、季節調整済み)は年率換算で142万1千戸と前月より10・3%減り、2カ月連続のマイナスとなった。昨年8月(137万3千戸)以来、6カ月ぶりの低水準。前年同月比も9・3%減った。

 米国では、長期金利上昇に連動して住宅ローン金利が上がっており、影響した可能性がある。住宅市場が低迷すれば、米景気を冷やす要因になる恐れがある。

 主力の一戸建て住宅は前月より8・5%減り、集合住宅も低迷した。全体の地域別では、17・6%増えた西部を除く3地域が減少した。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

経済の最新記事
一覧

  • 為替相場  17日(日本時間 3時) (4/17)

     3時現在           1ドル=             108円79銭〜          108円83銭    前日比  +0円10銭   1ユーロ=            130円30銭...

  • 為替相場  17日(日本時間 2時) (4/17)

     2時現在           1ドル=             108円78銭〜          108円79銭    前日比  +0円11銭   1ユーロ=            130円32銭...

  • かんぽに最大1万人出向へ (2/25)

     日本郵政グループが、保険営業に携わる日本郵便の郵便局員らを来年春にかんぽ生命保険へ出向させることが25日分かった。対象は最大1万人規模に上る。2019年に表面化した保険不正販売の再発防止の一環で、営...

  • 米財務省、日中の為替監視継続 (4/16)

     【ワシントン共同】米財務省は16日、バイデン政権発足後初めて、主要な貿易相手国・地域の通貨政策を分析した外国為替報告書を公表した。日本や中国などを引き続き通貨政策の「監視対象」に指定。台湾やベトナム...

  • NY株、一時最高値 (4/16)

     【ニューヨーク共同】16日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は続伸し、前日からの上げ幅が一時200ドルを超え、取引時間中の過去最高値を3日連続で更新した。午前9時35分現在は前日比180・...