ニュース

室内陸上・男子60m、多田がV 桐生は棄権、幅跳び橋岡は日本新

2021/3/18 17:52
 男子60メートル決勝 6秒56で優勝した多田修平=大阪城ホール

 男子60メートル決勝 6秒56で優勝した多田修平=大阪城ホール

 陸上の日本室内選手権最終日は18日、大阪市の大阪城ホールで行われ、男子60メートル決勝は多田修平(住友電工)が6秒56で2連覇した。予選を6秒70で通過した桐生祥秀(日本生命)は左膝裏の違和感で棄権した。

 男子の走り幅跳びは橋岡優輝(日大)が室内日本記録を22年ぶりに更新する8メートル19で優勝。棒高跳びは石川拓磨(TCS)が5メートル70で、走り高跳びは日本記録保持者の戸辺直人(JAL)が2メートル24で制した。

 女子の60メートルは三浦愛華(園田女大)が7秒38で、走り幅跳びは秦澄美鈴(シバタ工業)が6メートル33で勝った。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

スポーツの最新記事
一覧

  • 宮沢はスプリント予選敗退 (2/25)

     【オーベルストドルフ(ドイツ)共同】ノルディックスキーの世界選手権第2日は25日、ドイツのオーベルストドルフで距離スプリント・クラシカルが行われ、男子(1・5キロ)は29歳で5大会連続代表の宮沢大志...

  • レッドソックス沢村は1回1失点 (4/16)

     ▽ツインズ―レッドソックス(15日・ミネアポリス) レッドソックスの沢村は0―2の六回から2番手で登板し、ソロ本塁打を許して1回を1安打1失点、1三振だった。初失点を喫し、防御率は1・42。勝敗は付...

  • ソ4―3オ(15日) (4/15)

     ソフトバンクが逆転勝ちでリーグ最速の10勝目を挙げ、首位に浮上。3点を失った直後の五回に周東の適時打などで2点を返し、さらに栗原の2点二塁打で計4点を奪った。武田が今季初勝利。オリックスは増井が粘れ...

  • セメンヤが5000mで国内V (4/15)

     陸上女子800メートルで五輪2連覇中のキャスター・セメンヤ(南アフリカ)が15日、南アフリカ選手権の5000メートルに出場し自己新記録の15分52秒28で優勝した。東京五輪の参加標準記録(15分10...

  • 楽3―7ロ(15日) (4/15)

     ロッテが快勝した。四回にレアードの犠飛と藤岡の適時二塁打で2点を先制。九回にマーティンの3点二塁打とレアードの2点適時打で突き放した。岩下は5回無失点で2勝目を挙げた。楽天は反撃が遅く、3連敗で首位...