ニュース

五輪の海外観客、熟慮を 世界陸連コー会長

2021/3/19 10:09
 世界陸連のセバスチャン・コー会長=2020年12月

 世界陸連のセバスチャン・コー会長=2020年12月

 【ジュネーブ共同】世界陸連のコー会長は18日、記者会見し、東京五輪の海外からの観客受け入れ可否について「(新型コロナウイルスの)ワクチンが普及して世界が変化している中、無理に決定を下す必要はない。決断が速すぎないことを願う」と述べた。日本政府と国際オリンピック委員会(IOC)などは20日にも5者協議を開き、受け入れ見送りを決める見通し。

 18日の世界陸連の理事会後に開いたオンライン会見で「最優先は選手が参加できることで、安全を確保するために何でもする」と指摘。「もちろんスタジアムには観客がいた方がいい。バランスの取れた判断になる必要がある」とした。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

スポーツの最新記事
一覧

  • 宮沢はスプリント予選敗退 (2/25)

     【オーベルストドルフ(ドイツ)共同】ノルディックスキーの世界選手権第2日は25日、ドイツのオーベルストドルフで距離スプリント・クラシカルが行われ、男子(1・5キロ)は29歳で5大会連続代表の宮沢大志...

  • 五輪候補のニナーが日本国籍取得 (4/21)

     日本トライアスロン連合(JTU)は21日、昨年の日本選手権男子で初優勝したオーストラリア出身のニナー・賢治(27)=NTT東日本・NTT西日本=が日本国籍を取得したと発表した。ニナーはオーストラリア...

  • イングランド勢が撤退表明 (4/21)

     【ロンドン共同】サッカーの強豪12クラブが創設に合意した欧州スーパーリーグへの参加を表明していたイングランド・プレミアリーグの6クラブ全てが20日、一転して撤退表明した。強い反発を招いた新リーグは、...

  • 観客上限最終決定、6月先送りも (4/21)

     東京五輪・パラリンピックの観客数の上限について、最終決定を6月まで先送りする案が出ていることが21日、分かった。新型コロナの感染拡大により、現状での大会時の感染状況を見通すのは困難だとして、政府や大...

  • 岩渕真奈は後半途中まで出場 (4/21)

     サッカーのイングランド女子スーパーリーグで20日、アストンビラの岩渕真奈はアウェーのウェストハム戦に後半34分まで出場した。試合は0―0で引き分けた。(共同)