ニュース

国内のコロナ拠点にサイバー攻撃 20年、4倍増の530万件

2021/3/19 10:19
 国立国際医療研究センター=2020年5月、東京都新宿区

 国立国際医療研究センター=2020年5月、東京都新宿区

 国内の新型コロナウイルス感染症対策の拠点である国立国際医療研究センターが2020年に約530万件のサイバー攻撃を受けていたことが19日、同センターへの取材で分かった。19年の約120万件から4倍超に急増した。いずれも対策が成功し、研究内容や個人情報の流出はなかった。

 新型コロナ関連の情報を巡り、世界でも医療機関などがサイバー攻撃を受けており、国内でも水面下で激しい攻防が起きていることが浮き彫りになった。

 同センターの美代賢吾医療情報基盤センター長によると、19年のサイバー攻撃は毎月平均して10万件程度だったが、20年は月平均で約44万件に増加した。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

社会の最新記事
一覧

  • 乗鞍岳で雪崩、1人死亡 (3/15)

     14日午前10時ごろ、北アルプス乗鞍岳で雪崩が発生し、複数の人が巻き込まれたと長野県松本市の地元消防に通報があった。長野県警によると、5人が巻き込まれ、滋賀県野洲市の自営業戸田尚哉さん(49)の死亡...

  • ジャパンライフに税金還付 (4/16)

     磁気健康器具の預託販売で約2100億円を集めて破綻した「ジャパンライフ」(2018年3月に破産手続き開始)が、東京国税局から消費税約6億5千万円を還付されていたことが15日、関係者への取材で分かった...

  • 10億円横領で懲役10年判決 (4/16)

     名古屋市の自動車用品卸売会社の預金約10億5千万円を着服したとして、業務上横領罪に問われた元経理担当古井寿志被告(43)に、名古屋地裁は15日、懲役10年(求刑懲役12年)の判決を言い渡した。 板津...

  • 海自、仏空母と中東で共同訓練 (3/21)

     海上自衛隊は21日、アフリカ東部ソマリア沖アデン湾の海賊対処のため派遣していた護衛艦「ありあけ」が中東海域で、フランス海軍の原子力空母「シャルル・ド・ゴール」や米海軍の艦艇と相次いで戦術訓練をしたと...

  • 食べ物で悪ふざけ動画拡散 (4/15)

     大分県内の焼き肉チェーン店で働く男性アルバイト4人が調理場でソフトクリームを機械から直接口に入れるなど、食べ物で悪ふざけをする様子を収めた動画が会員制交流サイト(SNS)に投稿されていることが15日...