ニュース

2月の消費者物価、0・4%下落 マイナス幅縮小

2021/3/19 10:24
 全国消費者物価指数の動き

 全国消費者物価指数の動き

 総務省が19日発表した2月の全国消費者物価指数(2015年=100、生鮮食品を除く)は、前年同月比0・4%下落の101・5だった。7カ月連続で前年同月を下回った。直近では原油安の一服で光熱費が上昇しており、前月に比べるとマイナス幅は0・2ポイント縮小した。

 新型コロナウイルス感染拡大を受けた政府の観光支援事業「Go To トラベル」一時停止でホテルなどの稼働率が低下し、宿泊料は前年同月に比べて5・1%下落した。電気代は7・8%、ガス代は6・2%それぞれ下がった。

 在宅勤務拡大で需要の高まる家電製品は値上がりが目立った。空気清浄器は26・4%上昇した。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

経済の最新記事
一覧

  • 為替相場  16日(日本時間12時) (4/16)

    12時現在           1ドル=             108円89銭〜          108円90銭    前日比  −0円08銭   1ユーロ=            130円15銭...

  • 東証、午前終値2万9682円 (4/16)

     16日午前の東京株式市場の日経平均株価(225種)は前日終値を挟んで一進一退の展開となった。米消費回復を好感した買い注文が入り、上げ幅は一時100円を超えた。一方、国内の新型コロナウイルス感染再拡大...

  • かんぽに最大1万人出向へ (2/25)

     日本郵政グループが、保険営業に携わる日本郵便の郵便局員らを来年春にかんぽ生命保険へ出向させることが25日分かった。対象は最大1万人規模に上る。2019年に表面化した保険不正販売の再発防止の一環で、営...

  • 中国GDP、過去最高18%増 (4/16)

     【北京共同】中国国家統計局が16日発表した2021年1〜3月期の国内総生産(GDP、速報値)は、物価変動の影響を除く実質で前年同期比18・3%増だった。新型コロナの流行でマイナス成長に沈んだ前年から...

  • 東京株式 16日午前終値    (4/16)

    <225種>          29682円66銭      前日比  +39円97銭  <TOPIX>         1958.16        前日比 −00.97