ニュース

コロナ、19年10月に出現か 中国湖北省で、米チームが分析

2021/3/19 11:46

 新型コロナウイルスは、中国湖北省武漢で最初の症例が報告された2019年末よりも1〜2カ月早い10月中旬〜11月中旬に湖北省内で出現した可能性があるとの分析結果を、米カリフォルニア大サンディエゴ校などのチームが、米科学誌サイエンス電子版に19日、発表した。

 確率統計学の手法を使って、新型コロナの系統を過去にさかのぼって分析した。

 チームによると、新型コロナのような人獣共通感染症の3分の2以上はパンデミックに発展せずに自然消滅すると考えられている。チームは「このような高い感染力を持つ病原体を検出するには、今のサーベイランス(監視)体制では不十分」と指摘した。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

科学・環境・医療の最新記事
一覧

  • 高齢者接種、初日は1139人 (4/12)

     65歳以上の高齢者約3600万人を対象とした新型コロナウイルスワクチンの接種が12日、国内各地で始まり、政府によると初日は1139人が接種を受けた。第1弾として47都道府県に送ったワクチンは約5万人...

  • 東京、変異株の疑い新たに61人 (4/12)

     東京都は11日から12日にかけ、新型コロナウイルスの感染者が計727人報告されたと発表した。内訳は11日が日曜日で2月7日以来の400人超となる421人、12日は月曜日で2月1日以来の300人台の3...

  • 大阪、手術・入院の一時延期要請 (4/12)

     大阪府は12日、新型コロナウイルスに603人が感染し、感染者4人が死亡したと発表した。直近1週間の感染者は前週の1・47倍と急拡大が続き、確保した重症病床の使用率は90・6%に達した。府は12日、重...

  • 国内で新たに2109人感染 (4/12)

     国内で12日、新たに2109人の新型コロナウイルス感染者が確認された。内訳は大阪603人、東京306人、兵庫159人、愛知122人など。死者は福岡5人、大阪4人など計24人が報告された。 厚生労働省...

  • キムリア150万円値下げ (4/12)

     厚生労働省は12日、白血病など血液がんを点滴で治療する高額薬「キムリア」の公定価格(薬価)を約150万円引き下げ、3264万円とする方針を固めた。14日の中央社会保険医療協議会(中医協、厚労相の諮問...