ニュース

都の時短命令、新たに5店追加 「感染リスク高めた」

2021/3/19 19:39

 東京都は19日、緊急事態宣言下で午後8時までの営業時間短縮要請を拒否した五つの飲食店に対し、新型コロナウイルス対応の改正特別措置法45条に基づく時短命令を出した。18日には27店に全国で初めて命令しており、計32店となった。

 都は追加の5店についても、午後8時以降も営業していることを宣伝して積極的に集客し、感染リスクを高めていると判断した。

 18日に命令した27店は営業状態を調査中。首都圏1都3県の宣言の期限となる21日までに命令違反が確認されれば、都は過料を科すための手続きに入る見込み。

 27店のうち26店舗は「グローバルダイニング」の経営と分かった。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

暮らし・話題の最新記事
一覧

  • 家庭の食品ごみ、年5・7億トン (3/4)

     世界各国の家庭から出る食品廃棄物の量は2019年には年間5億7千万トン近くあり、これまでの推計値の約2倍に上るとみられるとの報告書を国連環境計画(UNEP)が4日、発表した。日本の家庭からの食品廃棄...

  • 子のゲーム依存の相談、5割増 (3/30)

     新型コロナウイルス感染拡大に伴い政府が昨年実施した休校が明けた後、子どものゲーム依存に関する児童相談所への相談が拡大前に比べ5割増えていたとの調査結果を、大阪府立大の山野則子教授(子ども家庭福祉学)...

  • 共通テスト「成績提供料」2倍に (4/12)

     大学入試センターが、大学入学共通テストを入試に利用する大学から徴収している「成績提供手数料」を2年かけて2倍に値上げすることが12日、センターへの取材で分かった。少子化に伴う志願者数の減少により、今...

  • 東大が2年ぶりの入学式 (4/12)

     東大の入学式が12日、東京都千代田区の日本武道館で開かれ、難関を突破した新入生約3千人が学生生活のスタートを切った。昨年は新型コロナウイルスの影響で中止したため2年ぶり。東京都に「まん延防止等重点措...

  • まん延防止措置、3都府県で開始 (4/12)

     新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐ「まん延防止等重点措置」が12日、東京、京都、沖縄の3都府県で始まった。すでに適用された大阪など3府県と同様、外出自粛や、飲食店への営業時間短縮の要請が対策の柱だが...