ニュース

週末は広く大雨の恐れ、警戒を 低気圧、寒冷前線が通過

2021/3/19 17:23
 気象庁=東京都港区虎ノ門

 気象庁=東京都港区虎ノ門

 西日本は20〜21日にかけ、東日本や北日本は21日に雷を伴った非常に激しい雨が降り、大雨になる恐れがある。気象庁は19日、土砂災害、低地の浸水、河川の増水に警戒を呼び掛けた。雷や激しい突風、ひょうにも注意が必要だ。西日本から北日本は20〜21日にかけて気温が上昇するため、雪崩や融雪の恐れもある。

 気象庁によると、低気圧が発達しながら21日にかけて日本海を北東に進み、寒冷前線が西日本から北日本を通過する見込み。低気圧や前線に暖かく湿った空気が流れ込むため、西日本から北日本は大気の状態が非常に不安定になる所がある。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

社会の最新記事
一覧

  • 「火災報知機の取り外しを見た」 (4/16)

     東京都新宿区にあるマンション地下駐車場の消火設備から二酸化炭素(CO2)が放出され、男性作業員4人が死亡した事故で、自力で脱出した30代の男性作業員が警視庁に「天井の火災報知機を一度取り外して戻すの...

  • 乗鞍岳で雪崩、1人死亡 (3/15)

     14日午前10時ごろ、北アルプス乗鞍岳で雪崩が発生し、複数の人が巻き込まれたと長野県松本市の地元消防に通報があった。長野県警によると、5人が巻き込まれ、滋賀県野洲市の自営業戸田尚哉さん(49)の死亡...

  • 原爆投下後の出産、データ再評価 (4/16)

     広島、長崎両市で日米が共同運営する放射線影響研究所(放影研)は16日、原爆投下3〜8年後の間に両市で生まれた子の健康状態について、当時のデータを再評価した結果を発表した。親の被ばく線量が多いと死産や...

  • 虐待対応、19万7千件に (4/16)

     全国の児童相談所が2020年に児童虐待として対応した件数が19万7836人(速報値、対前年比6%増)に上ったことが16日、厚生労働省の統計で分かった。児童虐待は増加の一途をたどるが、同年前半は増加し...

  • 富士そばの労組委員長、労働審判 (4/16)

     立ち食いそばチェーン「名代富士そば」の運営会社が、従業員らでつくる労働組合の安部茂人委員長と書記長を懲戒解雇したのは不当だとして、安部委員長らが解雇無効を求めて東京地裁に労働審判を申し立てたことが1...