ニュース

自治体2割、医師の確保まだ 高齢者コロナワクチン接種

2021/3/19 18:06

 4月から始まる65歳以上の高齢者対象の新型コロナウイルスワクチン接種について、約2割の自治体が接種を担う医師を全く確保できていないことが19日、厚生労働省の調査で分かった。地元医師との調整に時間がかかっている自治体や、深刻な医師不足で近隣地域との連携を模索している自治体もあるとみられる。

 調査は3月、全国の1741自治体を対象に実施。5日時点の状況を尋ね、全自治体から回答を得た。

 各接種会場で1人以上の医師を確保できている自治体は1382(79・3%)。一方、約2割の自治体では「0人」だった。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

新型コロナの最新記事
一覧

  • 厚労省職員感染は「クラスター」 (4/20)

     厚生労働省は20日、新型コロナウイルスに感染した職員が新たに10人判明したと公表した。3月末時点で当時老健局に所属していた感染者は計27人に増え、厚労省は、調査している国立感染症研究所が「クラスター...

  • 行革相、高齢者接種の混乱陳謝 (4/20)

     河野太郎行政改革担当相は20日の記者会見で、新型コロナワクチンの高齢者向け接種を巡り、自治体に予約が殺到して混乱を招いたとして「ご迷惑をお掛けし、大変申し訳ない。必要な措置を取っておくべきで、私の指...

  • 東証、午前終値は2万9150円 (4/20)

     20日午前の東京株式市場の日経平均株価(225種)は急反落した。国内の新型コロナウイルス流行が「第4波」に入り、深刻化するとの不安が高まった。一時600円超下落し、約1カ月ぶりの安値を付けた。取引時...

  • 大阪、午後に緊急事態宣言要請 (4/20)

     新型コロナウイルス感染症の重症者急増で医療が逼迫する大阪府は20日午後、対策本部会議を開き、政府への緊急事態宣言の要請を正式決定する。20日中に要請する見通し。政府は夕方に関係閣僚会合を開き対応を協...

  • 歯科医師もワクチン注射 (4/20)

     新型コロナウイルスワクチン接種を巡り、田村憲久厚生労働相は20日の閣議後記者会見で、医師や看護師に限られていたワクチンの注射を歯科医師にも認める方向で検討していると明らかにした。 田村氏は「一般の方...