ニュース

魚の雄、「妻の目」気になる えさのシェアで社会性研究

2021/3/19 20:35
 実験で使われたコンビクトシクリッドの雄

 実験で使われたコンビクトシクリッドの雄

 中米原産の魚「コンビクトシクリッド」の雄は、妻(一緒に子育てした雌)が視界に入ると別の雌に冷たくするとの実験結果を、大阪市立大の佐藤駿客員研究員(魚類行動学)らのチームが19日、英科学誌ネイチャーコミュニケーションズに発表した。妻や顔見知りでない雌が独りでいた場合は親切だが、雄には意地悪をしており、相手を見て行動を変える社会性をうかがえたという。

 この魚は一夫一妻で協力し、手厚く子育てする。チームはまず、子育て経験がある雄らに、水槽の二つの部屋に配置したえさのうち、片方は自分だけ、もう片方は自分と目の前の個体にえさが与えられる実験装置の仕組みを学ばせた。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

科学・環境・医療の最新記事
一覧

  • コウノトリ、親でなくても子育て (4/15)

     兵庫県豊岡市の県立コウノトリの郷公園は15日、雄の親が死んだ国の特別天然記念物コウノトリのひな3羽を、園で飼育しているコウノトリのペアに預けると、順調に育て始めたと発表した。園は、卵でなくひなを親で...

  • 「アビガン」臨床試験を再開 (4/21)

     富士フイルムは21日、新型コロナウイルス感染症の治療薬候補「アビガン」について、国内で新たな臨床試験を開始したと発表した。政府は昨年12月、有効性の判断が難しいとアビガン承認を見送っており、改めてデ...

  • ワクチン追加、5千万回分で調整 (4/21)

     政府が、米ファイザー社から受ける新型コロナワクチンの追加供給量について5千万回分、2500万人分で調整していることが21日、分かった。追加供給は、菅義偉首相と同社首脳が実質合意していた。首相は参院本...

  • 習主席、気候変動サミット出席へ (4/21)

     【北京、ワシントン共同】中国外務省は21日、習近平国家主席が22日に米国主催の気候変動に関するオンライン首脳会合(気候変動サミット)に出席し、演説すると発表した。菅義偉首相やロシアのプーチン大統領は...

  • 緊急宣言発令「なるべく早く」 (4/21)

     政府の新型コロナウイルス感染症対策分科会の尾身茂会長は21日の衆院厚生労働委員会で、緊急事態宣言の3度目の発令について「変異株のこともあるので、なるべく早くやるということが求められている」と強調した...