ニュース

ロシア2年ぶり利上げ インフレ懸念、4・5%に

2021/3/19 21:27

 【モスクワ共同】ロシア中央銀行は19日、理事会を開き、主要政策金利を0・25%引き上げ、4・50%にすることを決定した。22日から実施する。利上げは2018年12月以来、約2年3カ月ぶり。

 中銀は19年6月以来、景気てこ入れのため利下げを断続的に繰り返してきたが、金融引き締めに転じた。

 中銀の発表によると、消費者物価上昇のテンポが予想を上回ったため、金融政策を緩和から中立に戻す決定をした。近い将来の追加利上げの可能性も示唆した。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

経済の最新記事
一覧

  • 三陽商会、新疆綿の切り替えも (4/14)

     アパレル大手、三陽商会の大江伸治社長は14日、中国新疆ウイグル自治区で生産される綿に強制労働の懸念が広がっている問題に関して、自社ブランドで新疆綿を使っていることを明らかにした上で「もし不適切と判断...

  • 5Gの追加割り当て先は楽天 (4/14)

     総務省は14日、高速大容量の5G移動通信システム用の周波数の追加割当先を楽天モバイルに決定したと発表した。楽天はこの電波の運用を2023年3月ごろから4Gで始め、25年3月ごろから5Gで利用する計画...

  • かんぽに最大1万人出向へ (2/25)

     日本郵政グループが、保険営業に携わる日本郵便の郵便局員らを来年春にかんぽ生命保険へ出向させることが25日分かった。対象は最大1万人規模に上る。2019年に表面化した保険不正販売の再発防止の一環で、営...

  • 北陸電力の順送り人事に苦言 (4/14)

     富山県の新田八朗知事は14日、北陸電力が3月末に発表した社長交代について「前の社長やその前の社長が(退任後も)しかるべき立場で会社に残る。ガバナンスやコンプライアンスの面でいかがなものか」と述べ、順...

  • 百貨店の松屋、赤字44億円 (4/14)

     百貨店の松屋が14日発表した21年2月期連結決算は、純損益が44億円の赤字(前期は8億円の黒字)に転落した。赤字は10年2月期以来11年ぶり。新型コロナによる臨時休業や時短営業に加え、松屋銀座(東京...