ニュース

中国ワクチン援助80カ国に 「初の大規模提供」

2021/3/20 0:36

 【北京共同】中国政府で対外援助を担当する国家国際発展協力署の報道官は、中国製の新型コロナウイルスワクチンの対外援助先は発展途上国を中心に計80カ国と3国際組織に上っていると明らかにした。19日の新華社電が伝えた。

 報道官は「建国以来初の大規模なワクチン提供だ」と強調した。援助先はアジア26カ国、アフリカ34カ国などのほか、アフリカ連合(AU)といった国際組織。

 報道官は、世界的にワクチンが不足し、豊かな先進国で接種が先行する中で、貧しい国家は無力だと指摘。途上国がより多くの庶民の命を救うことを支援するのが中国の目標だと語った。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

科学・環境・医療の最新記事
一覧

  • 東京、新たに667人が感染 (4/16)

     東京都は16日、新型コロナウイルスの感染者が新たに667人報告されたと明らかにした。直近7日間を平均した1日当たりの感染者数は542人に上昇し、前週比は122・9%。累計は12万8781人となった。...

  • コウノトリ、親でなくても子育て (4/15)

     兵庫県豊岡市の県立コウノトリの郷公園は15日、雄の親が死んだ国の特別天然記念物コウノトリのひな3羽を、園で飼育しているコウノトリのペアに預けると、順調に育て始めたと発表した。園は、卵でなくひなを親で...

  • 京都府、大学入構数の抑制要請へ (4/16)

     京都府は16日、新型コロナウイルス対策本部会議を開き、府内の大学に対し、オンライン授業を活用することで一度にキャンパスに入構する学生数を50%以下に抑えることを要請すると決定した。クラブやサークルの...

  • 国連、処理水放出に「深い憂慮」 (4/16)

     【ジュネーブ共同】国連のボイド特別報告者(人権と環境担当)らは15日、日本政府による東京電力福島第1原発処理水の海洋放出決定に「深い憂慮」を表明した。 ボイド氏らは「汚染された水が海洋に放出されるこ...

  • 必要あれば奈良に重点措置 (4/16)

     西村康稔経済再生担当相は16日、基本的対処方針分科会の終了後に取材に応じ、新型コロナウイルス感染者の病床使用率が高くなっている奈良県に言及し「今後、必要があれば、まん延防止等重点措置を講じていきたい...