ニュース

週末は雨に警戒を 前線通過で気象庁

2021/3/20 8:24
 気象庁=東京都港区

 気象庁=東京都港区

 気象庁は20日、西日本で21日にかけて、東日本や北日本で21日に雷を伴った非常に激しい雨が降り、大雨になる所があるとして、土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水に警戒を呼び掛けた。雷や竜巻などの激しい突風、ひょう、東日本や北日本では雪崩や融雪にも注意が必要だ。

 気象庁によると、低気圧が21日にかけて発達しながら日本海を北東に進み、寒冷前線が北日本から西日本を通過する見込みで、低気圧や前線に向かって暖かく湿った空気が流れ込み、西日本から北日本の太平洋側を中心に大気の状態が非常に不安定になる所がある。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

社会の最新記事
一覧

  • 乗鞍岳で雪崩、1人死亡 (3/15)

     14日午前10時ごろ、北アルプス乗鞍岳で雪崩が発生し、複数の人が巻き込まれたと長野県松本市の地元消防に通報があった。長野県警によると、5人が巻き込まれ、滋賀県野洲市の自営業戸田尚哉さん(49)の死亡...

  • 空自F2戦闘機同士が接触、山口 (4/22)

     22日午後3時5分ごろ、山口県の花尾山上空で、福岡県の築城基地所属のF2戦闘機2機が接触した。うち1機の垂直尾翼のランプ(約400グラム)などの部品が落下した。2機は約1時間後、自力で基地に戻り、パ...

  • 群馬県みどり市で山林火災 (4/22)

     22日午後0時15分ごろ、群馬県みどり市東町沢入の山林が燃えていると近隣住民から119番があった。県警によると、山中にある木造2階建ての住宅1棟が全焼し、住人の70代男性と連絡が取れていない。消防な...

  • 海自、仏空母と中東で共同訓練 (3/21)

     海上自衛隊は21日、アフリカ東部ソマリア沖アデン湾の海賊対処のため派遣していた護衛艦「ありあけ」が中東海域で、フランス海軍の原子力空母「シャルル・ド・ゴール」や米海軍の艦艇と相次いで戦術訓練をしたと...

  • 大分市議、覆面載せずは人権侵害 (4/22)

     覆面レスラーの大分市議スカルリーパー・エイジ氏(52)が、マスクを着けているという理由で市議会サイトや広報誌に顔写真が載せられないのは人権侵害だとして、掲載するよう求め、近く大分地裁に仮処分を申し立...