ニュース

アストラ製ワクチンの安全性強調 英首相、自身も接種

2021/3/20 16:02

 【ロンドン共同】ジョンソン英首相(56)は19日、ロンドン市内の病院で、英製薬大手アストラゼネカ製新型コロナワクチンの1回目の接種を受けた。終了後、病院の外で記者団に「文字通り、何も感じなかった。接種した本人や家族、他の人にとって最善だ」と語り、安全性を強調するとともに、国民に接種を促した。

 同病院は、ジョンソン氏が昨春、コロナに感染し容体が悪化した際に搬送された場所。約1年後もコロナ禍から抜け出せておらず、対策への協力を呼び掛けた。

 欧州では同社製ワクチン接種後に血栓が生じる事例が複数報告された。使用見合わせが一時拡大した。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

科学・環境・医療の最新記事
一覧

  • コウノトリ、親でなくても子育て (4/15)

     兵庫県豊岡市の県立コウノトリの郷公園は15日、雄の親が死んだ国の特別天然記念物コウノトリのひな3羽を、園で飼育しているコウノトリのペアに預けると、順調に育て始めたと発表した。園は、卵でなくひなを親で...

  • 米、途上国の資金支援強化 (4/23)

     【ワシントン共同】バイデン米大統領は22日、気候変動に関するオンライン首脳会合(気候変動サミット)で、発展途上国に対して地球温暖化対策の資金支援を強化する方針を表明した。温暖化による海面上昇や自然災...

  • ドイツ、全成人を接種対象に (4/23)

     【ベルリン共同】ドイツのシュパーン保健相は22日、連邦参議院(上院)で、6月中に新型コロナウイルスワクチンの接種対象を全成人に拡大できるとの見通しを明らかにした。ワクチンの流通量増加を受けた判断。ド...

  • 温室ガス排出30年目標46%減 (4/22)

     菅義偉首相は22日、政府の地球温暖化対策推進本部の会合で、日本の2030年の温室効果ガス排出削減目標について、30年度に13年度比で46%削減を目指すと表明した。現行の26%減から大幅上積みとなる。...

  • 米、温室ガス30年に半減 (4/22)

     【ワシントン共同】バイデン米大統領主催の気候変動に関するオンライン首脳会合(気候変動サミット)が22日、2日間の日程で開幕した。最大のテーマは各国が掲げる温室効果ガス排出削減目標の引き上げ。米国は、...