ニュース

ロシアのソユーズ、打ち上げ延期 福井県の衛星搭載

2021/3/20 16:17

 【モスクワ共同】ロシア宇宙当局は20日、福井県が企画した超小型人工衛星「すいせん」を搭載したソユーズロケットの打ち上げを延期すると発表した。技術的な問題を理由としている。インタファクス通信が伝えた。カザフスタンのバイコヌール宇宙基地から打ち上げる予定だった。

 打ち上げは同基地で21日に行われる見通し。ソユーズにはすいせんなど日本の衛星を含む世界18カ国の38基が搭載されていた。

 すいせんの打ち上げは、自治体が製造や衛星データ活用の計画を主導した全国初の取り組みとして注目されている。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

科学・環境・医療の最新記事
一覧

  • コウノトリ、親でなくても子育て (4/15)

     兵庫県豊岡市の県立コウノトリの郷公園は15日、雄の親が死んだ国の特別天然記念物コウノトリのひな3羽を、園で飼育しているコウノトリのペアに預けると、順調に育て始めたと発表した。園は、卵でなくひなを親で...

  • 国内の新規感染者、5292人 (4/21)

     国内で21日、新たに5292人の新型コロナウイルス感染者が確認された。感染者数が5千人を超えたのは、1月22日以来。前回の緊急事態宣言が全面解除された3月21日から増加傾向が続いており、今月7日に3...

  • 化石燃料廃止を、101人が署名 (4/21)

     バイデン米大統領が主催する22、23日の気候変動に関する首脳会合(気候変動サミット)に向け、世界各国のノーベル賞受賞者が21日、石油や石炭など化石燃料開発の廃止を求める公開書簡を公表した。101人が...

  • 星出さん打ち上げ1日延期 (4/21)

     【ケープカナベラル(米フロリダ州)共同】米航空宇宙局(NASA)は21日、星出彰彦飛行士ら4人が搭乗する新型宇宙船クルードラゴンの打ち上げを、天候不順のため1日延期し、23日午前5時49分(日本時間...

  • コロナ治療薬、3例目を了承 (4/21)

     厚生労働省の専門部会は21日の会合で、関節リウマチなどの薬として使われる「バリシチニブ」を、新型コロナウイルス感染症の治療薬とすることを了承した。国内で3例目の新型コロナ治療薬。酸素投与が必要な中等...