ニュース

USB預託商法で業務停止命令 消費者庁、VISION社に

2021/3/21 22:25

 USBメモリーの販売預託商法を展開するVISION(V社、東京)が、実際の運用収益はほとんどなく、自転車操業状態であるにもかかわらず、実態を隠して勧誘しているのは特定商取引法違反として、消費者庁が業務停止命令(2年)を出した。同庁関係者への取材で21日、分かった。顧客には「商品は会社が預かり、海外でレンタルして、レンタル料を分配する」と勧誘していた。

 勧誘の中心的役割を担ったとして実質的トップの大倉満氏と、幹部の赤崎達臣氏を業務禁止命令(いずれも2年)とした。

 共同通信は大倉氏側にV社の営業実態などについて取材を申し入れたが、応じていない。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

社会の最新記事
一覧

  • 東京医科大側の次男優遇を否定 (4/19)

     私大支援事業で便宜を図る見返りに、次男を東京医科大に合格させてもらったとして、受託収賄罪に問われた元文部科学省科学技術・学術政策局長の佐野太被告は19日、東京地裁で開かれた被告人質問で、東京医科大側...

  • 乗鞍岳で雪崩、1人死亡 (3/15)

     14日午前10時ごろ、北アルプス乗鞍岳で雪崩が発生し、複数の人が巻き込まれたと長野県松本市の地元消防に通報があった。長野県警によると、5人が巻き込まれ、滋賀県野洲市の自営業戸田尚哉さん(49)の死亡...

  • 鋭利なもので複数刺される (4/19)

     茨城県東海村の住宅で、住人の親族の永山善一さん(63)が死亡しているのが見つかった事件で、永山さんは鋭利なもので首などを複数回刺されていたことが19日、捜査関係者への取材で分かった。県警は強い殺意に...

  • 健康食品4製品から医薬品成分 (4/19)

     厚生労働省は19日、インターネットサイトで国内向けに販売されている健康食品などの買い上げ調査で、強壮をうたった健康食品4製品から医薬品の成分を検出したと発表した。同省は健康被害が生じる恐れがあるとし...

  • 海自、仏空母と中東で共同訓練 (3/21)

     海上自衛隊は21日、アフリカ東部ソマリア沖アデン湾の海賊対処のため派遣していた護衛艦「ありあけ」が中東海域で、フランス海軍の原子力空母「シャルル・ド・ゴール」や米海軍の艦艇と相次いで戦術訓練をしたと...