ニュース

駐日外交官も日本で接種へ ワクチン、7000人対象

2021/3/22 17:22

 政府は、住民登録されていない日本駐在の大使館や国際機関に勤める外交官らが希望する場合、国内で新型コロナウイルスワクチン接種を行う方向で調整に入った。対象は約7千人を想定。住民登録がある在日外国人と同様の対応が必要と判断した。近く河野太郎行政改革担当相が発表する。複数の関係者が22日、明らかにした。

 外交官らは入管難民法に基づき、住民登録義務が課されておらず、接種に必要な住民票を所有していないため、政府内で対応を検討していた。

 大使館など勤務先が希望者を取りまとめ、所在地の市区町村に一括して申請する方向だ。対象は、外交官、領事官、国際機関の職員とその家族。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

新型コロナの最新記事
一覧

  • アップル、新iPadプロ販売へ (4/21)

     【ニューヨーク共同】米アップルは20日、自社開発の高性能プロセッサーを搭載したタブレット端末「iPad(アイパッド)プロ」とデスクトップパソコン「iMac(アイマック)」の新製品を5月後半から販売す...

  • 緊急宣言発令「なるべく早く」 (4/21)

     政府の新型コロナウイルス感染症対策分科会の尾身茂会長は21日の衆院厚生労働委員会で、緊急事態宣言の3度目の発令について「変異株のこともあるので、なるべく早くやるということが求められている」と強調した...

  • ワクチン追加供給は5千万回分 (4/21)

     新型コロナウイルスワクチンの米ファイザー社からの追加供給量について、政府が5千万回分、2500万人分で調整していることが21日、分かった。追加供給は、菅義偉首相と同社首脳が実質合意していた。

  • 小型船舶免許の合格者、25%増 (4/21)

     新型コロナウイルスの感染が拡大した2020年度に、プレジャーボートや水上バイクなどを操縦できる小型船舶免許の合格者が前年度比25・7%増の7万1975人に上ったことが21日、国家試験を実施する日本海...

  • 東証大幅続落、2万9千円割れ (4/21)

     21日午前の東京株式市場の日経平均株価(225種)は大幅続落した。下げ幅は一時500円を超え、節目の2万9000円を約1カ月ぶりに割り込んだ。新型コロナの世界的な感染再拡大を懸念する売り注文が先行し...