ニュース

東京円、108円台後半 

2021/3/22 18:13

 週明け22日の東京外国為替市場の円相場は1ドル=108円台後半で取引された。

 午後5時現在は前週末比06銭円高ドル安の1ドル=108円68〜69銭。ユーロは60銭円高ユーロ安の1ユーロ=129円16〜20銭。

 前週末の米長期金利の上昇により日米の金利差拡大が意識され、朝方は円を売ってドルを買う動きが先行。その後は日経平均株価の下落を受けてリスク回避姿勢が強まり、比較的安全な通貨とされる円に買い戻しが入った。

 トルコ大統領が中央銀行総裁を解任した影響でトルコ・リラが急落。「新型コロナ感染の再拡大など欧州に懸念材料が多い」(外為ブローカー)との指摘があった。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

経済の最新記事
一覧

  • 為替相場  14日(日本時間22時) (4/14)

    22時現在           1ドル=             108円95銭〜          108円96銭    前日比  +0円36銭   1ユーロ=            130円34銭...

  • かんぽに最大1万人出向へ (2/25)

     日本郵政グループが、保険営業に携わる日本郵便の郵便局員らを来年春にかんぽ生命保険へ出向させることが25日分かった。対象は最大1万人規模に上る。2019年に表面化した保険不正販売の再発防止の一環で、営...

  • NY円、108円後半 (4/14)

     【ニューヨーク共同】14日のニューヨーク外国為替市場の円相場は午前8時半現在、前日比16銭円高ドル安の1ドル=108円84〜94銭をつけた。ユーロは1ユーロ=1・1961〜71ドル、130円26〜3...

  • 中国吉利とボルボが合併 (2/25)

     【北京共同】中国の自動車大手、浙江吉利控股集団は24日、傘下に持つ吉利汽車と、同じくグループのスウェーデンのボルボ・カーを合併させると発表した。車の電動化やインターネットでつながる「コネクテッドカー...

  • 東芝買収、英米ファンド争奪戦も (4/14)

     東芝の車谷暢昭社長が14日辞任し、後任として綱川智会長が社長を兼務する。英投資ファンド、CVCキャピタル・パートナーズに加え、米投資ファンドなども買収提案を検討しているとされ、東芝の争奪戦になる可能...