ニュース

PCR前処理を全自動化 広島大が共同開発、世界初

2021/3/22 18:16

 広島大は22日、新型コロナウイルスのPCR検査のうち、手作業で行っている検体の前処理を自動化する世界初の「COVID19検査前処理自動機」を開発したと発表した。検査のスピードを速め、精度を高められるといい、4月に委託販売を開始する予定。

 医系科学研究科の田原栄俊教授と機械部品メーカー「フエスト」(横浜市)が共同開発した。幅130センチ、奥行き60センチ、高さ64センチ。検体が入った容器の開栓から、チューブへの検体移し替え、検体番号の記録までを全自動化。前処理全工程を、手を触れずに完結できる。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

科学・環境・医療の最新記事
一覧

  • 富士山溶岩流の動画作成、山梨県 (4/13)

     山梨県は3月に富士山噴火時のハザードマップが改定されたことを受け、同県側の火口から噴出する溶岩流のシミュレーション動画を作成し、13日、ホームページで公開した。同マップでは、同県富士吉田市に溶岩流が...

  • 大阪の感染者、1000人超 (4/13)

     大阪府の13日の新型コロナウイルス感染者数が、初の千人超となることが府関係者への取材で分かった。

  • 「努力無駄に」憤る福島の漁業者 (4/13)

     政府が東京電力福島第1原発の処理水の海洋放出を正式決定した13日、福島県の漁業関係者からは「原発事故の風評に悩まされた10年間の努力が無駄になる」などと憤りの声が上がった。福島県の沿岸漁業は海域や操...

  • コロナワクチン5回分廃棄 (4/13)

     河野太郎行政改革担当相は13日の記者会見で、12日に始まった新型コロナウイルスワクチンの高齢者向け接種に関し、最大5回分程度が廃棄されたと明らかにした。予約のキャンセルが原因という。「廃棄されないよ...

  • 英、コロナワクチン接種目標達成 (4/13)

     【ロンドン共同】英政府は12日、50歳以上の全ての人に新型コロナウイルスワクチンの接種機会を提供したと明らかにした。英メディアが伝えた。今月15日までとしていた目標を達成し、ジョンソン首相は声明で、...