ニュース

日独、情報保護協定を締結 インド太平洋での安保協力推進

2021/3/22 21:12
 「情報保護協定」を締結し、写真に納まる茂木敏充外相(右)とドイツのレーペル駐日大使=22日午後、外務省

 「情報保護協定」を締結し、写真に納まる茂木敏充外相(右)とドイツのレーペル駐日大使=22日午後、外務省

 日本、ドイツ両政府は22日、安全保障分野の機密情報を相互に提供し合う「情報保護協定」を締結した。ドイツは近年、中国が海洋進出を強めるインド太平洋地域の安定に関心を寄せており、同地域に関する政策指針や艦艇派遣を決定した。日本は円滑な情報交換によって協力を推進したい考えだ。

 茂木敏充外相とドイツのレーペル駐日大使は22日、日本外務省で情報保護協定に署名した。茂木氏はドイツによるアジア太平洋地域の政策指針と艦艇派遣の決定を歓迎する意向を伝えた。

 情報保護協定は2019年2月、当時の安倍晋三首相が来日したメルケル首相と会談した際、締結で大筋合意していた。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

政治の最新記事
一覧

  • 建設石綿訴訟、5月に上告審判決 (4/19)

     建設現場でアスベスト(石綿)を吸い肺がんや中皮腫などの健康被害を受けた元労働者と遺族が国と建材メーカーに損害賠償を求めた4件の訴訟の上告審で、最高裁第1小法廷(深山卓也裁判長)が判決期日をいずれも5...

  • 大阪知事「今週末から適用を」 (4/22)

     大阪府の吉村洋文知事は22日、新型コロナウイルス対応の緊急事態宣言の時期について「週末は人が動く。今週末から適用してほしいと政府に伝えている」と府庁で記者団に述べた。 また、期間中に予定されるスポー...

  • 飲食店に酒類提供の自粛案 (4/22)

     新型コロナウイルスの緊急事態宣言発令に伴う措置を巡る政府と東京都の協議で、飲食店に対して時間にかかわらず酒類の提供自粛を求める案が浮上していることが22日、関係者への取材で分かった。 他にも百貨店や...

  • 国民投票法、5月6日採決を提案 (4/22)

     衆院憲法審査会は22日、今国会2回目の審査会を開き、憲法改正手続きに関する国民投票法改正案の質疑を実施した。与党は憲法審に先立つ幹事会で、5月6日に採決する日程を提案。野党は持ち帰った。日本維新の会...

  • 海洋放出「首相が責任を」 (4/22)

     福島県の内堀雅雄知事は22日、官邸で菅義偉首相と会い、東京電力福島第1原発で増え続ける処理水を海洋放出する政府の基本方針決定に関し「福島県だけではなく、日本全体の問題だ。総理自身が前面に立ち、しっか...