ニュース

宮城沖、さらに強い地震の可能性 政府調査委、注意呼び掛け

2021/3/22 22:49
 政府の地震調査委の臨時会合後、記者会見する平田直委員長=22日午後、文科省

 政府の地震調査委の臨時会合後、記者会見する平田直委員長=22日午後、文科省

 政府の地震調査委員会(委員長・平田直東京大名誉教授)は22日、宮城県沖で20日に起きたマグニチュード(M)6・9の地震を受けて臨時の会合を開催。この地震を東日本大震災の余震とした上で、観測した最大震度5強よりも強い地震が起きる可能性もあるとの見解をまとめ、注意を呼び掛けた。

 平田委員長は記者会見で「地震後にもっと大きな地震が来る例もあった」と指摘し、今後、M7・0程度の地震が起きる可能性について「個人的には想定している」と述べた。

 20日の地震は震源断層を挟んで地盤が垂直方向にずれる「逆断層型」で、陸のプレートと太平洋プレートの境界で発生したとみられる。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

社会の最新記事
一覧

  • 乗鞍岳で雪崩、1人死亡 (3/15)

     14日午前10時ごろ、北アルプス乗鞍岳で雪崩が発生し、複数の人が巻き込まれたと長野県松本市の地元消防に通報があった。長野県警によると、5人が巻き込まれ、滋賀県野洲市の自営業戸田尚哉さん(49)の死亡...

  • JAXAにサイバー攻撃か (4/20)

     2016年に宇宙航空研究開発機構(JAXA)など国内約200の企業や研究機関を狙ったサイバー攻撃に関与した疑いが強まったとして、警視庁公安部が20日にも、私電磁的記録不正作出・同供用の疑いで、当時日...

  • 海自、仏空母と中東で共同訓練 (3/21)

     海上自衛隊は21日、アフリカ東部ソマリア沖アデン湾の海賊対処のため派遣していた護衛艦「ありあけ」が中東海域で、フランス海軍の原子力空母「シャルル・ド・ゴール」や米海軍の艦艇と相次いで戦術訓練をしたと...

  • 事務局長指示、数人で偽造 (4/20)

     愛知県知事のリコール運動を巡る署名偽造事件で、署名集めを担った男性が19日、共同通信の取材に「運動事務局長の指示でボランティアの男女数人と署名簿を偽造した」と証言した。不正への関与を認めたのは、運動...

  • 熱と煙感知しCO2放出か (4/20)

     東京都新宿区のマンション地下駐車場の消火設備から二酸化炭素(CO2)が放出され、男性作業員4人が死亡した事故で、事故前に火災報知機の一部である熱と煙の感知器が反応していたことが19日、捜査関係者への...