ニュース

米ウィーワーク、上場再挑戦へ 「空箱」SPAC活用、英紙報道

2021/3/23 8:13
 オフィスビルの外壁に取り付けられたウィーワークのロゴ=2019年9月、米サンフランシスコ(ロイター=共同)

 オフィスビルの外壁に取り付けられたウィーワークのロゴ=2019年9月、米サンフランシスコ(ロイター=共同)

 【ニューヨーク共同】英紙フィナンシャル・タイムズ電子版は22日、ソフトバンクグループ(SBG)が出資する米共有オフィス「ウィーワーク」が、「特別買収目的会社(SPAC)」を活用し、上場再挑戦を目指していると報じた。投資家向けに示した文書で明らかにした。

 SPACは上場後に未上場企業を買収・合併するのが目的で、上場時には事業を持たないことから「空箱」と言われる。

 文書や関係者によると、ウィーワークが合併先で交渉しているのは、米プロバスケットボールNBAの元著名選手、シャキール・オニール氏がアドバイザーを務めるSPAC。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

経済の最新記事
一覧

  • 東京株式 20日14時     (4/20)

    <225種>          29077円30銭      前日比 −608円07銭  <TOPIX>         1925.40        前日比 −31.16    

  • 為替相場  20日(日本時間14時) (4/20)

    14時現在           1ドル=             108円16銭〜          108円17銭    前日比  +0円05銭   1ユーロ=            130円47銭...

  • 三井住友FG、電通と連携へ (4/20)

     三井住友FGと電通グループが共同出資の新会社を設立する方針を固めたことが20日分かった。三井住友銀行の預金者らのスマートフォンに向けて広告を発信するサービスを予定し、2021年度中に業務開始を目指す...

  • かんぽに最大1万人出向へ (2/25)

     日本郵政グループが、保険営業に携わる日本郵便の郵便局員らを来年春にかんぽ生命保険へ出向させることが25日分かった。対象は最大1万人規模に上る。2019年に表面化した保険不正販売の再発防止の一環で、営...

  • 東証、午前終値は2万9150円 (4/20)

     20日午前の東京株式市場の日経平均株価(225種)は急反落した。国内の新型コロナウイルス流行が「第4波」に入り、深刻化するとの不安が高まった。一時600円超下落し、約1カ月ぶりの安値を付けた。取引時...