ニュース

住宅向け火災保険、最長5年に 22年度後半、10年から短縮

2021/3/23 10:37

 損害保険大手各社が、一般住宅向け火災保険の最長契約期間を現行の10年から5年に短縮する見通しとなったことが23日、分かった。年内に正式決定し、2022年度後半から適用するとみられる。自然災害が頻発し、保険の将来的な収支予測が難しくなっているためで、保険料の再値上げも合わせて行う方向だ。

 火災保険料は、損保各社でつくる損害保険料率算出機構が目安となる「参考純率」を算出し、各社が保険料を決める仕組み。機構は今後、5年超の契約の目安を示さない方向で最終調整している。火災保険の10年契約の新規募集は22年度後半をめどに順次停止される。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

経済の最新記事
一覧

  • かんぽに最大1万人出向へ (2/25)

     日本郵政グループが、保険営業に携わる日本郵便の郵便局員らを来年春にかんぽ生命保険へ出向させることが25日分かった。対象は最大1万人規模に上る。2019年に表面化した保険不正販売の再発防止の一環で、営...

  • 中国吉利とボルボが合併 (2/25)

     【北京共同】中国の自動車大手、浙江吉利控股集団は24日、傘下に持つ吉利汽車と、同じくグループのスウェーデンのボルボ・カーを合併させると発表した。車の電動化やインターネットでつながる「コネクテッドカー...

  • ファーウェイが車載の新技術披露 (4/18)

     【上海共同】中国通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)は18日、情報通信技術(ICT)を活用した車載の新技術を発表した。米政府の規制により半導体の調達が制限され、スマートフォンの製造に影響が出る中、...

  • 客室乗務員がタクシーで観光案内 (3/26)

     島根県出雲市と日本航空は26日、同市で記者会見し、連携して観光事業を行うと発表した。客室乗務員(CA)が市内を周遊する観光タクシー「うさぎ号」に同乗し、名所をガイドする。CAの派遣は観光資源発掘など...

  • 在籍出向、2倍以上の3061人 (4/17)

     業績悪化で一時的に余剰となった従業員を、人手が必要な別の会社に出向させる「在籍出向」が2020年度は3061人と、新型コロナウイルス感染拡大前の19年度から2倍以上に増えていることが17日、事業者間...