ニュース

加藤氏、ウイグル「深刻な懸念」 人権状況、中国制裁を明言せず

2021/3/23 12:49

 加藤勝信官房長官は23日の記者会見で、中国の新疆ウイグル自治区での人権状況について「深刻な懸念」を表明した。「中国政府に対して透明性ある説明をするよう働き掛けている」と述べた。日本政府が米国、欧州連合(EU)などと同調し、中国当局者らに制裁を発動する可能性については明言しなかった。

 現地では重大な人権侵害の報告が多数あるとし、事態打開に向けて国際社会が緊密に連携することが重要との認識も示した。

 米欧などから制裁に加わるよう打診があったか問われ「意見交換を行っているが、具体的なやりとりについてコメントを控える」と述べるにとどめた。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

政治の最新記事
一覧

  • 建設石綿訴訟、5月に上告審判決 (4/19)

     建設現場でアスベスト(石綿)を吸い肺がんや中皮腫などの健康被害を受けた元労働者と遺族が国と建材メーカーに損害賠償を求めた4件の訴訟の上告審で、最高裁第1小法廷(深山卓也裁判長)が判決期日をいずれも5...

  • 緊急事態宣言、今夕決定 (4/23)

     政府は23日夕、新型コロナウイルス感染症対策本部会合を首相官邸で開き、緊急事態宣言を東京、京都、大阪、兵庫の4都府県に発令すると決める。西村康稔経済再生担当相は専門家らによる基本的対処方針分科会で、...

  • 敵基地攻撃能力の保有主張 (4/22)

     自民党の安倍晋三前首相は22日夜、東京都内で開かれた夕刊フジ主催の憲法シンポジウムに出席し、相手国の弾道ミサイル発射拠点などを攻撃する「敵基地攻撃能力」を自衛隊は保有すべきだとの意向を重ねて示した。...

  • 酒類飲食店に休業要請、4都府県 (4/22)

     政府が東京、大阪、京都、兵庫の4都府県への新型コロナウイルス緊急事態宣言発令に伴って策定した具体的措置の原案が22日判明した。酒類を提供する飲食店に休業を要請し、社会生活の維持に必要なものを除いてイ...

  • こども庁、就学前政策を軸に検討 (4/22)

     菅義偉首相が創設に意欲を示す「こども庁」について、政府が就学前の子どもの政策を所管する組織を軸に検討することが22日、関係者への取材で分かった。夏に策定する経済財政運営指針「骨太方針」に創設を明記す...