ニュース

2月の百貨店売上高10%減 コロナで販売影響続く

2021/3/23 15:41

 日本百貨店協会が23日発表した2月の全国百貨店売上高は、既存店ベースで前年同月比10・7%減だった。新型コロナウイルス流行による販売減少が続いているが、昨年2月から来店客減少などの影響が出始めたため、前年同月比の減少幅は今年1月の29・7%から縮小した。高級時計や宝飾品などは株高を背景に富裕層の購買に支えられ堅調だった。

 一方、日本チェーンストア協会が23日発表した2月の全国スーパー売上高は、既存店ベースで前年同月比2・1%減となり、5カ月ぶりに前年実績を下回った。昨年2月にコロナ影響で買いだめが起きた商品に反動減がみられた。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

経済の最新記事
一覧

  • 為替相場  16日(日本時間 8時) (4/16)

     8時現在           1ドル=             108円74銭〜          108円75銭    前日比  +0円07銭   1ユーロ=            130円12銭...

  • NY円、108円後半 (4/16)

     【ニューヨーク共同】15日のニューヨーク外国為替市場の円相場は午後5時現在、前日比19銭円高ドル安の1ドル=108円70〜80銭をつけた。ユーロは1ユーロ=1・1961〜71ドル、130円05〜15...

  • シティ、個人向けで13市場撤退 (4/16)

     【ニューヨーク共同】米金融大手シティグループは15日、個人向けの銀行事業について、アジア・太平洋地域を中心に13の市場から撤退すると発表した。フレーザー最高経営責任者(CEO)は「競争に必要な規模を...

  • NY株式  15日終値     (4/16)

    <ダウ工業30種平均>      34035.99       前日比 +305.10  

  • かんぽに最大1万人出向へ (2/25)

     日本郵政グループが、保険営業に携わる日本郵便の郵便局員らを来年春にかんぽ生命保険へ出向させることが25日分かった。対象は最大1万人規模に上る。2019年に表面化した保険不正販売の再発防止の一環で、営...