ニュース

パナソニックが車のサイバー防衛 米マカフィーと事業化へ

2021/3/23 19:13

 パナソニックは23日、インターネットによる通信機能を備えた自動車をサイバー攻撃から守る仕組みの構築に関し、米セキュリティーソフト大手マカフィーと共同で取り組むと発表した。常時監視する拠点を設け、自動運転中にハンドルを勝手に操作されるなどの事態を未然に防ぐ。数年内の事業化を目指し、自動車メーカーに売り込む。

 設置予定の拠点の名称は「車両セキュリティ監視センター」。専門のスタッフが常駐し、人工知能(AI)を活用して車から収集したデータを分析する。危険性の高いサイバー攻撃を確認した場合、自動運転システムを停止するなど被害を出さないための緊急措置につなげる。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

経済の最新記事
一覧

  • 百貨店の松屋、赤字44億円 (4/14)

     百貨店の松屋が14日発表した21年2月期連結決算は、純損益が44億円の赤字(前期は8億円の黒字)に転落した。赤字は10年2月期以来11年ぶり。新型コロナによる臨時休業や時短営業に加え、松屋銀座(東京...

  • 為替相場  14日(日本時間19時) (4/14)

    19時現在           1ドル=             109円01銭〜          109円02銭    前日比  +0円30銭   1ユーロ=            130円32銭...

  • かんぽに最大1万人出向へ (2/25)

     日本郵政グループが、保険営業に携わる日本郵便の郵便局員らを来年春にかんぽ生命保険へ出向させることが25日分かった。対象は最大1万人規模に上る。2019年に表面化した保険不正販売の再発防止の一環で、営...

  • カゴメ、新疆産トマト使用停止へ (4/14)

     カゴメは14日、中国の新疆ウイグル自治区で生産されたトマトペーストの使用を2021年中に取りやめると明らかにした。人権問題への懸念の高まりや、コスト、安定性などを総合的に判断したと説明している。 カ...

  • 中国吉利とボルボが合併 (2/25)

     【北京共同】中国の自動車大手、浙江吉利控股集団は24日、傘下に持つ吉利汽車と、同じくグループのスウェーデンのボルボ・カーを合併させると発表した。車の電動化やインターネットでつながる「コネクテッドカー...