ニュース

「体育で肌着禁止」見直しを スポーツ庁、全国教委に

2021/3/24 9:53

 体育の授業で体操服の下に肌着を着るのを禁止している小学校があるとして、スポーツ庁が児童の心情や保護者の意見を尊重し、必要な見直しを求める事務連絡を全国の教育委員会などに出したことが23日、同庁への取材で分かった。

 肌着の着用禁止を巡っては「嫌がる児童がいる」として、9日の川崎市議会でも取り上げられた。スポーツ庁によると、同様の事例は千葉県船橋市や滋賀県守山市でもあった。

 事務連絡は18日付。肌着の着用禁止に関し「長年の慣習にとらわれず、社会通念に照らして必要かつ合理的なものにすべきだ」と問題点を指摘。適切でないと判断する時は必要な見直しを行うよう求めた。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

スポーツの最新記事
一覧

  • 宮沢はスプリント予選敗退 (2/25)

     【オーベルストドルフ(ドイツ)共同】ノルディックスキーの世界選手権第2日は25日、ドイツのオーベルストドルフで距離スプリント・クラシカルが行われ、男子(1・5キロ)は29歳で5大会連続代表の宮沢大志...

  • 五輪でチャイコフスキー (4/23)

     【モスクワ共同】タス通信によると、国際オリンピック委員会(IOC)は22日、今夏の東京五輪と2022年北京冬季五輪に参加するロシア選手に対し、国歌の代わりにロシアの作曲家チャイコフスキーのピアノ協奏...

  • 欧州新リーグ構想は「消滅」 (4/23)

     サッカーのスペイン・リーグのテバス会長は22日、オンラインで記者会見し、創設に合意した12クラブの大半が撤退を表明した欧州スーパーリーグ構想について「イングランドとドイツのクラブがいないので、現実的...

  • 広4―7ヤ(22日) (4/22)

     ヤクルトが競り勝った。4―4の八回に山崎の2点三塁打、元山のスクイズで3点を勝ち越した。4番手のマクガフが2勝目、石山がリーグトップの7セーブ目を挙げた。広島は3度追い付いたものの、塹江が誤算で勝率...

  • オ7―6西(22日) (4/22)

     オリックスがサヨナラ勝ちで今季初の3連勝。3―6の九回2死満塁からT―岡田の3点三塁打で追い付き、杉本が左前に殊勲打を放った。八回に愛斗の3点二塁打で勝ち越した西武は抑えの増田がつかまり、1分けを挟...