ニュース

サッカー強豪代表選手獲得に補助 女子のWEリーグ

2021/3/24 17:18

 9月に開幕するサッカー女子のWEリーグは24日の理事会で、国際サッカー連盟(FIFA)ランキング上位チームの代表経験を持つ外国人選手をクラブが獲得する場合、上限320万円の補助金を交付する支援制度の導入を決めた。リーグ活性化と日本女子サッカーの強化が目的。

 対象となるのは、欧米を中心とした11チームの年代別を含めた代表経験者など。強豪の米国、ドイツ、フランス国籍の選手は代表経験がなくても主要リーグでプレーしていれば対象となる。日本協会技術委員会の小野剛副委員長らでつくる検討グループが承認すれば例外も認められる。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

スポーツの最新記事
一覧

  • 宮沢はスプリント予選敗退 (2/25)

     【オーベルストドルフ(ドイツ)共同】ノルディックスキーの世界選手権第2日は25日、ドイツのオーベルストドルフで距離スプリント・クラシカルが行われ、男子(1・5キロ)は29歳で5大会連続代表の宮沢大志...

  • 24、25年の北海道開催を検討 (4/15)

     日本サッカー協会と全国高等学校体育連盟(全国高体連)が、北海道で行われる2023年の全国高校総合体育大会(総体)に続き、24、25年大会でもサッカー女子を北海道で開催することを検討していることが15...

  • 笹生優花が64で好スタート (4/15)

     【カポレイ(米ハワイ州)共同】米女子ゴルフのロッテ選手権は14日、米ハワイ州のカポレイGC(パー72)で第1ラウンドが行われ、19歳の笹生優花が8バーディー、ボギーなしで64をマークした。プレーを終...

  • 札幌の市民マラソン中止へ (4/15)

     北海道と札幌市が、5月5日に開く東京五輪マラソンのテスト大会と同時に行う予定だった10キロの市民マラソンを中止する意向であることが15日、関係者への取材で分かった。近く正式決定する。同じ日に予定して...

  • ツインズ前田は3失点で1敗目 (4/15)

     ▽ツインズ―レッドソックス(14日・ミネアポリス) ツインズの前田はダブルヘッダー第1試合に先発して4回1/3を投げ、7安打3失点(自責点2)、5三振2四球で1敗目(1勝)を喫した。試合は7回制で、...