ニュース

気象庁、平年値を10年ぶり更新 温暖化で気温上昇、降水量も増加

2021/3/24 18:08

 気象庁は24日、冷夏や暖冬、少雨や多雨などを判断する目安「平年値」を、現在使用中の1981〜2010年の30年平均から91〜20年の平均に切り替えると発表した。更新は10年ぶりで5月19日から天気予報などに活用する。新平年値は地球温暖化の影響で年平均気温が全国的に0・1〜0・5度ほど上がり、降水量も多くの地点で季節によって10%ほど増える。

 気象庁によると、年平均気温の新平年値は北・西日本で0・3度、東日本で0・4度、沖縄・奄美で0・2度高くなる。

 降水量は春の西日本や夏の東日本太平洋側で5%ほど減るが、夏の西日本や、秋と冬の太平洋側で10%ほど増える。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

科学・環境・医療の最新記事
一覧

  • ワクチンの入国条件化反対 (4/20)

     【ジュネーブ共同】新型コロナウイルス感染症を巡る世界保健機関(WHO)の緊急委員会は19日、ワクチン接種を入国に必要な条件としないよう加盟国に勧告した。各国間の渡航にワクチン接種が必須となった場合、...

  • コウノトリ、親でなくても子育て (4/15)

     兵庫県豊岡市の県立コウノトリの郷公園は15日、雄の親が死んだ国の特別天然記念物コウノトリのひな3羽を、園で飼育しているコウノトリのペアに預けると、順調に育て始めたと発表した。園は、卵でなくひなを親で...

  • 高齢者1万3千人が接種 (4/19)

     首相官邸は19日、65歳以上の高齢者計1万3千人余りが新型コロナウイルスワクチンの接種を受けたとの18日時点の集計を発表した。医療従事者は16日時点で、約119万8千人が1回以上接種を受けた。政府の...

  • 火星で小型ヘリ飛行に成功 (4/19)

     【ワシントン共同】米航空宇宙局(NASA)は19日、火星探査車パーシビアランスで運んだ小型ヘリコプター「インジェニュイティ」が飛行実験に成功したと発表した。太陽電池でプロペラを回した。NASAは「地...

  • 大阪の重症者300人超に (4/19)

     大阪府は19日、新型コロナウイルス感染者32人が重症となり、入院中の重症者は過去最多の302人になったと発表した。府が確保した重症病床は不足しており、54人が軽症・中等症の受け入れ医療機関などで治療...