ニュース

病床確保、4月に緊急方針策定を 第3波感染者の2倍想定、厚労省

2021/3/24 19:57

 厚生労働省は24日、新型コロナウイルス感染の再拡大に備え、病床確保など医療提供体制を見直すよう都道府県に通知した。変異株の流行などによる「第4波」が4月に到来する可能性も視野に、感染者が第3波のピーク時から2倍となる事態を想定した緊急対応方針を4月中に策定するよう要請。一般医療とコロナ医療の両立ができるよう、最大確保病床数を引き上げた新たな計画を5月中に決定するよう求めた。

 厚労省は、第1波を踏まえ感染ピーク時の都道府県ごとの入院患者数推計を提示。これを基に病床確保計画を策定したが、多くの地域で病床が逼迫した。一部で感染が再拡大しており、体制整備を急ぐ。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

科学・環境・医療の最新記事
一覧

  • 大阪の感染者、初の1000人超 (4/13)

     大阪府で13日に確認された新型コロナウイルスの新規感染者が千人を超えることが分かった。府関係者が明らかにした。千人を超えるのは初めてで過去最多となる。府内では、5日からコロナ対応の改正特別措置法に基...

  • 市民団体、福島県庁前で抗議 (4/13)

     政府が東京電力福島第1原発の処理水の海洋放出を決定したことを受け、複数の市民団体が13日に福島県庁前で、内堀雅雄知事との面会のため県庁を訪れる梶山弘志経済産業相に、県民の反対の気持ちを示そうと抗議活...

  • 富士山溶岩流の動画作成、山梨県 (4/13)

     山梨県は3月に富士山噴火時のハザードマップが改定されたことを受け、同県側の火口から噴出する溶岩流のシミュレーション動画を作成し、13日、ホームページで公開した。同マップでは、同県富士吉田市に溶岩流が...

  • 「努力無駄に」憤る福島の漁業者 (4/13)

     政府が東京電力福島第1原発の処理水の海洋放出を正式決定した13日、福島県の漁業関係者からは「原発事故の風評に悩まされた10年間の努力が無駄になる」などと憤りの声が上がった。福島県の沿岸漁業は海域や操...

  • コロナワクチン5回分廃棄 (4/13)

     河野太郎行政改革担当相は13日の記者会見で、12日に始まった新型コロナウイルスワクチンの高齢者向け接種に関し、最大5回分程度が廃棄されたと明らかにした。予約のキャンセルが原因という。「廃棄されないよ...