ニュース

架空のもうけ話、被害4千億円超 巨額詐欺相次ぐ、相談も増加

2021/3/25 10:44
 警察庁などが入る中央合同庁舎2号館

 警察庁などが入る中央合同庁舎2号館

 全国の警察が2020年中に摘発した、架空のもうけ話で投資金を集めるなど利殖勧誘事件は38件(前年比3件減)で、被害額は統計のある10年以降最多の4488億6802万円(約3450億円増)に上ったことが25日、警察庁のまとめで分かった。

 20年は磁気健康器具の預託商法を展開した「ジャパンライフ」など巨額詐欺事件が相次いだ。利殖勧誘に関する警察への相談も若年層を中心に増加しており、警察庁は「コロナ禍による収入減で投資や資産運用への関心が高まっている」と分析、警戒を強めている。ジャパンライフ事件では44都道府県の約9900人が計約2090億円をだまし取られた。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

社会の最新記事
一覧

  • 内閣府に不正アクセス (4/23)

     内閣府は22日、内閣官房などと共同で利用しているファイル共有のストレージサービスに不正アクセスがあり、内閣府が関わったイベントに申し込むなどした外部の231人分の氏名や所属、連絡先などが漏えいした可...

  • 乗鞍岳で雪崩、1人死亡 (3/15)

     14日午前10時ごろ、北アルプス乗鞍岳で雪崩が発生し、複数の人が巻き込まれたと長野県松本市の地元消防に通報があった。長野県警によると、5人が巻き込まれ、滋賀県野洲市の自営業戸田尚哉さん(49)の死亡...

  • 民間人搭乗の空自F2戦闘機接触 (4/22)

     22日午後3時5分ごろ、山口県の花尾山上空で、福岡県の築城基地所属のF2戦闘機2機が接触した。出版社の取材で編隊飛行を撮影する目的の民間人のカメラマンを含め、2機で計3人が乗っていたがけが人はなかっ...

  • 海自、仏空母と中東で共同訓練 (3/21)

     海上自衛隊は21日、アフリカ東部ソマリア沖アデン湾の海賊対処のため派遣していた護衛艦「ありあけ」が中東海域で、フランス海軍の原子力空母「シャルル・ド・ゴール」や米海軍の艦艇と相次いで戦術訓練をしたと...

  • 群馬県みどり市で山林火災 (4/22)

     22日午後0時15分ごろ、群馬県みどり市東町沢入の山林が燃えていると近隣住民から119番があった。県警によると、山中にある木造2階建ての住宅1棟が全焼し、住人の70代男性と連絡が取れていない。消防な...