ニュース

東京都、8カ月連続で人口流出 2月、コロナ緊急事態宣言影響も

2021/3/25 15:29
 東京都葛飾区付近の住宅密集地=2020年

 東京都葛飾区付近の住宅密集地=2020年

 総務省が25日に公表した2月の人口移動報告(外国人含む)によると、東京都の転出者は転入者を1838人上回った。昨年7月から8カ月連続で人口流出に当たる「転出超過」となった。2月は首都圏の緊急事態宣言が継続しており、新型コロナウイルスの厳しい感染状況が影響したとみられる。

 転出者は2万9940人、転入者は2万8102人。昨年2月と比べると転出者が14・1%増え、転入者が8・8%減った。

 東京都は昨年5月、集計に外国人を加えた2013年7月以降で初めて転出超過となった。6月にいったん転入超過に戻ったが、7月以降は人口流出が続いている。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

暮らし・話題の最新記事
一覧

  • 家庭の食品ごみ、年5・7億トン (3/4)

     世界各国の家庭から出る食品廃棄物の量は2019年には年間5億7千万トン近くあり、これまでの推計値の約2倍に上るとみられるとの報告書を国連環境計画(UNEP)が4日、発表した。日本の家庭からの食品廃棄...

  • 本場のチューリップを動画で (4/21)

     世界一のチューリップ生産国として知られるオランダの在日大使公邸(東京都港区)で21日、庭に咲く1万5千以上のチューリップをオンラインで紹介するツアーが行われた。 新型コロナウイルスの感染拡大で、昨年...

  • 子のゲーム依存の相談、5割増 (3/30)

     新型コロナウイルス感染拡大に伴い政府が昨年実施した休校が明けた後、子どものゲーム依存に関する児童相談所への相談が拡大前に比べ5割増えていたとの調査結果を、大阪府立大の山野則子教授(子ども家庭福祉学)...

  • 健保組合、コロナで8割弱赤字に (4/22)

     健康保険組合連合会(健保連)は22日、全国の1387健康保険組合の2021年度予算について、77・9%に当たる1080組合が赤字になるとの推計を公表した。前年度比169組合の増加。新型コロナウイルス...

  • 風に揺られ香る大藤の花、足利 (4/22)

     栃木県足利市の「あしかがフラワーパーク」で、樹齢160年の「大藤」が見頃を迎えた。広さ千平方mの藤棚から、滝のように咲き誇る花房はおよそ8万。甘い香りを漂わせながら風に吹かれる様子に、観光客は「今ま...