ニュース

2月の外食売上高、22・3%減 緊急事態宣言の延長、時短響く

2021/3/25 17:04

 日本フードサービス協会が25日発表した2月の外食売上高(全店ベース)は前年同月比22・3%減と2カ月連続で減少率が2割を超えた。新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言の延長が響いた。営業時間の短縮要請で休業を続ける店があったパブ・居酒屋が70・7%減と大幅に落ち込むなど、全業態がマイナスだった。

 同協会は「外食事業は、もはや営業日数や休祝日数の比較では語れないほど厳しい状況だ」と指摘。特に飲酒業態にとって酒類提供の時間短縮は致命的という。

 夜の営業が中心のディナーレストランも46・3%減と低迷し、喫茶も32・6%減だった。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

経済の最新記事
一覧

  • CVC、東芝買収を事実上撤回か (4/20)

     東芝は20日、英投資ファンドのCVCキャピタル・パートナーズから、買収に関する検討を中断するとの書面を受け取ったと発表した。買収案について具体的な記載はなく、関係者によると、CVCは買収提案を事実上...

  • 東京円、108円台前半 (4/20)

     20日の東京外国為替市場の円相場は1ドル=108円台前半を中心に取引された。朝方は3月5日以来、約1カ月半ぶりの円高ドル安水準となる、1ドル=107円台を付ける場面もあった。 午後5時現在は前日比1...

  • かんぽに最大1万人出向へ (2/25)

     日本郵政グループが、保険営業に携わる日本郵便の郵便局員らを来年春にかんぽ生命保険へ出向させることが25日分かった。対象は最大1万人規模に上る。2019年に表面化した保険不正販売の再発防止の一環で、営...

  • 日本のサンマ漁獲枠41%減 (4/20)

     水産庁は20日、不漁が深刻化しているサンマの2021年漁期(1〜12月)の漁獲枠を、前期比約41%減の15万5335トンとする方針を公表した。2月に開かれた北太平洋漁業委員会(NPFC)の年次会合で...

  • 為替相場  20日(日本時間18時) (4/20)

    18時現在           1ドル=             108円46銭〜          108円47銭    前日比  −0円25銭   1ユーロ=            130円90銭...