ニュース

外国人選手の来日遅れたまま開幕 プロ野球、序盤戦に影響必至

2021/3/25 17:37

 プロ野球は新型コロナウイルス感染拡大の影響で、一部の外国人選手の来日が遅れたまま開幕を迎える。選手の合流状況はチームによって差があり、シーズン序盤の戦いに大きく影響しそうだ。

 冬の感染拡大により、政府が東京五輪を考慮して設けられていたスポーツ選手入国の特例措置を停止し、多くの選手が足止めされた。巨人のスモークや阪神のロハスら新加入選手の多くは合流できておらず、DeNAはソト、オースティンら残留組を含む全ての外国人選手が来日できない状況に陥っている。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

スポーツの最新記事
一覧

  • 宮沢はスプリント予選敗退 (2/25)

     【オーベルストドルフ(ドイツ)共同】ノルディックスキーの世界選手権第2日は25日、ドイツのオーベルストドルフで距離スプリント・クラシカルが行われ、男子(1・5キロ)は29歳で5大会連続代表の宮沢大志...

  • 広4―7ヤ(22日) (4/22)

     ヤクルトが競り勝った。4―4の八回に山崎の2点三塁打、元山のスクイズで3点を勝ち越した。4番手のマクガフが2勝目、石山がリーグトップの7セーブ目を挙げた。広島は3度追い付いたものの、塹江が誤算で勝率...

  • オ7―6西(22日) (4/22)

     オリックスがサヨナラ勝ちで今季初の3連勝。3―6の九回2死満塁からT―岡田の3点三塁打で追い付き、杉本が左前に殊勲打を放った。八回に愛斗の3点二塁打で勝ち越した西武は抑えの増田がつかまり、1分けを挟...

  • J1、名古屋がG大阪に快勝 (4/22)

     明治安田J1第11節第2日(22日・豊田スタジアム=1試合)2位の名古屋がG大阪に2―0で快勝し、勝ち点29とした。G大阪は同6。名古屋は前半、山崎が先制。後半も相馬が加点した。この一戦は3月に予定...

  • ロ1―3日(22日) (4/22)

     日本ハムが連敗を3で止めた。一回に大田の先頭打者本塁打で先制。すぐに追い付かれたが二回に石川亮の適時二塁打で1点を勝ち越した。池田が7回1失点で2勝目。ロッテは打線が振るわず連勝が6でストップした。