ニュース

日立金属売却、2陣営を軸に 日米ファンド参画

2021/3/25 20:56

 日立製作所が上場子会社、日立金属の売却先について日米の投資ファンドの2陣営を軸に交渉を進めていることが25日、分かった。関係者によると、官民ファンドの産業革新投資機構が米投資ファンドのコールバーグ・クラビス・ロバーツ(KKR)と連合を組んで参画するもようだ。先端技術の流出懸念が背景にあるとみられる。

 ほかに、米投資ファンドのベインキャピタルと国内投資会社の日本産業パートナーズの陣営が買収の検討を進めており、売却先は実質的に2陣営に絞られた。日立製作所はそれぞれの提案内容を精査し、数カ月以内に売却先を決定する見通しだ。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

経済の最新記事
一覧

  • かんぽに最大1万人出向へ (2/25)

     日本郵政グループが、保険営業に携わる日本郵便の郵便局員らを来年春にかんぽ生命保険へ出向させることが25日分かった。対象は最大1万人規模に上る。2019年に表面化した保険不正販売の再発防止の一環で、営...

  • 東京株式 15日13時     (4/15)

    <225種>          29632円19銭      前日比  +11円20銭  <TOPIX>         1957.69        前日比 +05.51    

  • 為替相場  15日(日本時間13時) (4/15)

    13時現在           1ドル=             108円89銭〜          108円90銭    前日比  +0円10銭   1ユーロ=            130円38銭...

  • 中国吉利とボルボが合併 (2/25)

     【北京共同】中国の自動車大手、浙江吉利控股集団は24日、傘下に持つ吉利汽車と、同じくグループのスウェーデンのボルボ・カーを合併させると発表した。車の電動化やインターネットでつながる「コネクテッドカー...

  • 日商、最低賃金の慎重な対応要請 (4/15)

     日本商工会議所の三村明夫会頭は15日、自民党の二階俊博幹事長らと会談し、菅義偉首相が意欲を示す最低賃金引き上げに慎重な対応を求めた。「赤字企業にも強制力があるため、明確な根拠を基に納得感のある水準を...