ニュース

100億円以上の収入減の可能性 海外客の五輪チケット

2021/3/25 21:41

 東京五輪・パラリンピック組織委員会の伊藤学司企画財務局長は25日、海外からの一般観客受け入れ断念によるチケット収入の減少幅について「場合によっては100億円、200億円減る可能性がある」と述べた。全体で900億円の収入を見込んでいたが、今後は収入増と支出抑制に努め、財源の不足が生じた場合には東京都などと協議する考えも示した。

 東京五輪・パラリンピック推進議員連盟の会合で説明。また日本選手団に対するワクチン接種に関し、日本オリンピック委員会の山下泰裕会長は「日本の現状は理解している。国民として国の方針に従う」と話した。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

東京五輪の最新記事
一覧

  • 東京五輪、持続可能性低い (4/20)

     1992年以降のオリンピックで持続可能性がどの程度配慮されたか分析した結果を、スイスなどの国際チームが19日付英科学誌に発表した。環境負荷、社会正義、経済性の3分野で評価し、今夏の東京五輪は規模が大...

  • 聖火、高知の清流四万十川渡る (4/19)

     東京五輪の聖火リレーは19日午後も高知県西部で続き、四万十市では「最後の清流」と呼ばれる四万十川に架かる四万十川橋(赤鉄橋)や佐田沈下橋をランナーがトーチを掲げ、駆け抜けた。 宿毛市では、全国障害者...

  • バレー日本女子「わが道を行く」 (4/19)

     バレーボールの女子日本代表が19日、東京五輪シーズン開幕前の記者会見をオンラインで開き、中田久美監督は「選手の力を十分発揮させられるように環境を整えるとともに、ベンチワークも含めて五輪のシミュレーシ...

  • 札幌の市民マラソン中止 (4/19)

     東京五輪・パラリンピック組織委員会と北海道、札幌市は19日、同市内で実務者会議を開き、5月5日に五輪マラソンテスト大会の一環として行う予定だった市民マラソンを中止すると発表した。新型コロナウイルスの...

  • 射撃男子、吉岡が五輪代表 (4/19)

     ライフル射撃の東京五輪代表最終選考会(25メートル種目)は19日、東京都北区の味の素ナショナルトレーニングセンター(NTC)で行われ、男子ラピッドファイアピストルで吉岡大(京都府警)が初の五輪代表に...