ニュース

企業の保険料猶予、総額9千億円 コロナで健保解散や倒産の恐れも

2021/3/26 2:00

 新型コロナの影響で業績が悪化した企業の社会保険料負担を巡り、特例を利用して年金や医療などの保険料納付を猶予された総額は、今年1月時点で少なくとも9千億円に上ることが25日分かった。厳しい経営が続く企業の現状が年金や医療保険財政にも表れた形だ。健保組合の解散や、保険料負担が原因で企業が倒産する可能性もある。

 社会保険料は、個人に加え企業にも支払い義務がある。政府は20年2月納付分から通常の猶予制度で求められる延滞金や担保を不要として1年間猶予する特例を設けた。新型コロナの影響で収入が20%以上減った企業が対象だ。この特例は、21年1月納付分までで終了した。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

新型コロナの最新記事
一覧

  • 国内の新規感染者、5292人 (4/21)

     国内で21日、新たに5292人の新型コロナウイルス感染者が確認された。感染者数が5千人を超えたのは、1月22日以来。前回の緊急事態宣言が全面解除された3月21日から増加傾向が続いており、今月7日に3...

  • アップル、新iPadプロ販売へ (4/21)

     【ニューヨーク共同】米アップルは20日、自社開発の高性能プロセッサーを搭載したタブレット端末「iPad(アイパッド)プロ」とデスクトップパソコン「iMac(アイマック)」の新製品を5月後半から販売す...

  • 東京、緊急事態宣言を要請 (4/21)

     東京都は21日夜、新型コロナウイルス対応の改正特別措置法に基づく緊急事態宣言の発令を政府に要請した。小池百合子知事は都庁で報道陣の取材に対し「大型連休を前に宣言を出すことが必要だ」と述べた。 関係者...

  • 首相、緊急宣言23日に決定 (4/21)

     菅義偉首相は21日、新型コロナウイルス感染が広がる東京都、大阪府、兵庫県に対する緊急事態宣言発令を23日の対策本部会合で決める意向を固めた。期間は4月下旬からの大型連休を含める方針。京都府も発令対象...

  • 京都も緊急事態宣言を要請 (4/21)

     新型コロナウイルスの感染拡大を受け、京都府は21日、対策本部会議を開き、緊急事態宣言の発令を求めることを決め、政府に要請した。西脇隆俊知事は会議後の記者会見で、大阪、兵庫の発令要請を受け「関西で歩調...