ニュース

防衛研、中国の軍事強化に警戒感 米との対立は「新冷戦」と強調

2021/3/26 17:53

 防衛省のシンクタンク防衛研究所は26日、日本周辺の昨年の安全保障環境を分析した年次報告書「東アジア戦略概観2021」を公表した。新型コロナウイルス禍での米中両国の対立関係について「新冷戦」レベルまで高まったと強調。中国による南シナ海での軍事演習強化への懸念や、沖縄県・尖閣諸島周辺での挑戦的行動への強い警戒感を示した。北朝鮮による韓国への脅しや揺さぶりについても言及した。

 米中の新冷戦を巡っては、昨年8月の中国による南シナ海への対艦弾道ミサイル発射などを挙げ、米軍の接近を阻む「接近阻止・領域拒否(A2/AD)」能力の強化を加速させたと分析した。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

社会の最新記事
一覧

  • 乗鞍岳で雪崩、1人死亡 (3/15)

     14日午前10時ごろ、北アルプス乗鞍岳で雪崩が発生し、複数の人が巻き込まれたと長野県松本市の地元消防に通報があった。長野県警によると、5人が巻き込まれ、滋賀県野洲市の自営業戸田尚哉さん(49)の死亡...

  • 電力大手3社にカルテルの疑い (4/13)

     家庭向けの電力や都市ガスの販売で価格カルテルを結んだ疑いが強まったとして、公正取引委員会は13日、独禁法違反(不当な取引制限)の疑いで、中部電力と同社の販売事業会社「中部電力ミライズ」、東邦ガスの計...

  • 海自、仏空母と中東で共同訓練 (3/21)

     海上自衛隊は21日、アフリカ東部ソマリア沖アデン湾の海賊対処のため派遣していた護衛艦「ありあけ」が中東海域で、フランス海軍の原子力空母「シャルル・ド・ゴール」や米海軍の艦艇と相次いで戦術訓練をしたと...

  • 太平洋側で大気が不安定に (4/13)

     低気圧や前線の影響で、西日本では13日夜遅くにかけて、東日本では14日午前にかけて、太平洋側を中心に大気の状態が非常に不安定になる恐れがあるとして、気象庁は13日、落雷や竜巻などの激しい突風、局地的...

  • 鹿児島・悪石島で地震続く (4/12)

     12日午後11時1分ごろ、鹿児島県の悪石島(十島村)で震度4の地震があった。気象庁によると、震源地はトカラ列島近海で、震源の深さは約20キロ。地震の規模はマグニチュード(M)5・2と推定される。周辺...