ニュース

アレルギー、58万回中47件 発熱やだるさ、2回目で大幅増

2021/3/26 18:42

 厚生労働省は26日、医療従事者に対する米ファイザー製の新型コロナウイルスワクチンについて、国際的な基準で重いアレルギー反応のアナフィラキシーを発症したと判断されるのは21日までに接種した約58万回のうち47件だったと明らかにした。頻度は100万回当たり81件。いずれも回復しており、同日開かれた専門部会は「現時点で安全性に重大な懸念はない」と結論付けた。

 同省研究班による健康調査では、2回目を接種した約4千人を分析。37・5度以上の発熱が35・6%(1回目3・3%)、だるさが67・3%(同23・2%)、頭痛が49%(同21・2%)と1回目より大幅に増えた。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

新型コロナの最新記事
一覧

  • アップル、新iPadプロ販売へ (4/21)

     【ニューヨーク共同】米アップルは20日、自社開発の高性能プロセッサーを搭載したタブレット端末「iPad(アイパッド)プロ」とデスクトップパソコン「iMac(アイマック)」の新製品を5月後半から販売す...

  • 米航空3社、赤字4千億円 (4/23)

     【ニューヨーク共同】アメリカン航空グループなど米航空大手3社の2021年1〜3月期決算が22日、出そろった。ユナイテッド航空ホールディングスとデルタ航空を含めた全社の純損益が赤字に陥り、純損失の合計...

  • 酒類飲食店に休業要請、4都府県 (4/22)

     政府が東京、大阪、京都、兵庫の4都府県への新型コロナウイルス緊急事態宣言発令に伴って策定した具体的措置の原案が22日判明した。酒類を提供する飲食店に休業を要請し、社会生活の維持に必要なものを除いてイ...

  • 欧州中銀、大規模緩和維持 (4/22)

     【ロンドン共同】欧州中央銀行(ECB)は22日、ユーロ圏19カ国の金融政策を議論する理事会を開き、大規模な量的金融緩和など現行政策の維持を決めた。新型コロナウイルス流行が長引き、域内経済への深刻な影...

  • J1、名古屋がG大阪に快勝 (4/22)

     明治安田J1第11節第2日(22日・豊田スタジアム=1試合)2位の名古屋がG大阪に2―0で快勝し、勝ち点29とした。G大阪は同6。名古屋は前半、山崎が先制。後半も相馬が加点した。この一戦は3月に予定...