ニュース

五輪パラ関係者の入国、半減検討 コロナ対策で3万人抑制も

2021/3/27 6:08

 政府が東京五輪・パラリンピックに訪れる選手以外の大会関係者について、従来の積算から半減させる案を検討していることが26日、分かった。国内外の新型コロナウイルス感染状況や変異株の出現を踏まえた措置。選手ら約3万人を含めた入国者数は最大9万人超と試算されていた。6万人程度とされる関係者の半減となれば3万人程度を抑制できる計算になる。

 複数の関係者が明らかにした。近く関係機関と本格的な協議に入るとみられる。海外からの一般観客の受け入れ断念は決めているが、政府は国民の理解を得て安全に大会を実施する観点から、大会関係者の人数も厳しく制限する必要があると判断した。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

スポーツの最新記事
一覧

  • 宮沢はスプリント予選敗退 (2/25)

     【オーベルストドルフ(ドイツ)共同】ノルディックスキーの世界選手権第2日は25日、ドイツのオーベルストドルフで距離スプリント・クラシカルが行われ、男子(1・5キロ)は29歳で5大会連続代表の宮沢大志...

  • 聖火、世界遺産の寺巡り大仏殿へ (4/12)

     東京五輪の聖火リレーは、奈良県で12日午後も続き、世界遺産の寺などを巡った。世界最古の木造建築とされる斑鳩町の法隆寺の境内を通過。奈良市に入り、平城宮跡や薬師寺、興福寺を経て、夜に東大寺の大仏殿前で...

  • 松山市公道の聖火リレー中止へ (4/12)

     愛媛県の中村時広知事は12日、新型コロナウイルスの感染状況を踏まえ、松山市の公道での東京五輪聖火リレーをやめる方向で検討していると明らかにした。中村知事が会長を務める県実行委員会が14日までに方針を...

  • 渋野、畑岡らも松山を祝福 (4/12)

     松山英樹のマスターズ制覇に日本のゴルフ界からは12日、祝福の声があふれた。 2年前にAIG全英女子オープンを制してメジャー覇者となった渋野日向子は「おめでとうございますの言葉だけでは表せないくらい、...

  • 中大が開幕5連勝 (4/12)

     東都大学野球リーグ第3週第1日は12日、神宮球場で1回戦3試合が行われ、中大が青学大を9―4で下して開幕5連勝とした。青学大は3勝2敗。昨秋優勝の亜大は駒大を2―0で下して2勝3敗とした。立正大は東...