ニュース

五輪パラ関係者の入国、半減検討 コロナ対策で3万人抑制も

2021/3/27 6:08

 政府が東京五輪・パラリンピックに訪れる選手以外の大会関係者について、従来の積算から半減させる案を検討していることが26日、分かった。国内外の新型コロナウイルス感染状況や変異株の出現を踏まえた措置。選手ら約3万人を含めた入国者数は最大9万人超と試算されていた。6万人程度とされる関係者の半減となれば3万人程度を抑制できる計算になる。

 複数の関係者が明らかにした。近く関係機関と本格的な協議に入るとみられる。海外からの一般観客の受け入れ断念は決めているが、政府は国民の理解を得て安全に大会を実施する観点から、大会関係者の人数も厳しく制限する必要があると判断した。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

東京五輪の最新記事
一覧

  • レスリング、乙黒圭祐は初戦敗退 (4/18)

     レスリングのアジア選手権最終日は18日、カザフスタンのアルマトイで男子フリースタイル5階級が行われ、74キロ級で東京五輪代表の乙黒圭祐(自衛隊)は初戦でモンゴル選手に2―4で敗れた。モンゴル選手が決...

  • 高松城の堀を和船で聖火リレー (4/18)

     東京五輪の聖火リレーは18日、香川県での2日目が行われた。坂出市を出発し、瀬戸内海に浮かぶ与島や映画「二十四の瞳」の舞台となった小豆島などを経て高松市でゴール。高松城跡の堀では和船が聖火を運んだ。国...

  • 体操、19歳橋本が逆転で初優勝 (4/18)

     体操の東京五輪代表選考会を兼ねた個人総合の全日本選手権最終日は18日、群馬県の高崎アリーナで男子決勝が行われ、19歳の橋本大輝(順大)が計6種目で88・532点をたたき出し、7位だった予選との合計1...

  • 五輪聖火、瀬戸内海の島巡る (4/18)

     東京五輪の聖火リレーは18日、香川県での2日目を迎えた。雨に見舞われた前日午前とは打って変わって晴れ渡った空の下で坂出市をスタートした。瀬戸内海に浮かぶ与島では、近くの岩黒島に住む高校1年岩中楓さん...

  • 乾友紀子、吉田萌組が優勝 (4/18)

     アーティスティックスイミングのワールドシリーズは17日、ロシアのカザンで行われ、デュエット・フリールーティン(FR)で東京五輪代表の乾友紀子(井村ク)吉田萌(ザ・クラブピア88)組が93・0000点...