ニュース

強毒のヒアリ、AIが迅速判定 現場で1分以内、定着防げ

2021/3/27 10:09
 台湾企業のAI技術を使ったヒアリの判定。3重に囲まれたのがヒアリ(モンスターズアグロテック提供)

 台湾企業のAI技術を使ったヒアリの判定。3重に囲まれたのがヒアリ(モンスターズアグロテック提供)

 港やコンテナヤードで見つかったアリが、強毒を持つ南米原産のヒアリかどうかを人工知能(AI)で迅速判定する技術を、国立環境研究所が台湾企業と共同開発することが27日、分かった。撮影した画像から体の大きさや色、毛などの特徴をAIが分析、現場で1分以内に見極めることを目指す。調査の手間を大幅に減らして侵入の早期把握につなげ、国内定着を防ぐ狙いだ。

 国環研が26日、台湾のヒアリ調査・駆除会社モンスターズアグロテックと技術協力で合意した。活動が活発化する初夏にも試験導入を目指す。

 これまではアリを採取し、専門家が顕微鏡で識別する方法が主流だった。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

科学・環境・医療の最新記事
一覧

  • コウノトリ、親でなくても子育て (4/15)

     兵庫県豊岡市の県立コウノトリの郷公園は15日、雄の親が死んだ国の特別天然記念物コウノトリのひな3羽を、園で飼育しているコウノトリのペアに預けると、順調に育て始めたと発表した。園は、卵でなくひなを親で...

  • 国立・国定公園での餌やりに罰金 (4/23)

     国立公園や国定公園の一部で野生動物に餌をやった人に対し、最大30万円の罰金を科すと定めた改正自然公園法が23日の参院本会議で可決、成立した。餌を与えられた野生動物が人に慣れ、生活エリアに出没する例が...

  • 認知症、接種の意思確認明確に (4/23)

     田村憲久厚生労働相は23日の衆院厚労委員会で、認知症の人への新型コロナウイルスのワクチン接種について「どのような形で本人の意思確認をすればいいのかを丁寧に示したい」と述べた。既に表情やしぐさによって...

  • 温室ガス46%減「不十分」 (4/23)

     菅義偉首相が22日に表明した「2030年度の温室効果ガス排出を13年度比で46%削減」との目標を巡り、23日の衆院環境委員会に参考人として出席した鹿児島大2年の中村涼夏さん(19)は「野心的な目標で...

  • 米、途上国の資金支援強化 (4/23)

     【ワシントン共同】バイデン米大統領は22日、気候変動に関するオンライン首脳会合(気候変動サミット)で、発展途上国に対して地球温暖化対策の資金支援を強化する方針を表明した。温暖化による海面上昇や自然災...