ニュース

フォークボール縫い目で落ちる? 硬式球、スパコンで解析

2021/3/27 17:24
 硬式球に「負のマグヌス効果」が働く様子を解析した画像。球の右側は空気の流れを可視化したもの(研究チーム提供)

 硬式球に「負のマグヌス効果」が働く様子を解析した画像。球の右側は空気の流れを可視化したもの(研究チーム提供)

 表面の革を糸で縫い合わせた野球の硬式球は投球後、回転により縫い目の凹凸が空気の流れをかき乱すことで、浮き上がったり沈んだりする作用を受けているとの解析を、青木尊之・東京工業大教授(数値流体力学)らが27日までにまとめた。スーパーコンピューターを用いた。

 元大リーガーの野茂英雄さんが武器にしたことで知られる変化球のフォークボールは、1回転の間に正面から縫い目が2度見える向きで投げる方が大きく落ちるという。解析では、縫い目の影響で落差が最大19センチ異なる例も確認された。

 青木教授は「フォークボールなどの落差には縫い目が影響しているはずだ」と話している。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

科学・環境・医療の最新記事
一覧

  • コウノトリ、親でなくても子育て (4/15)

     兵庫県豊岡市の県立コウノトリの郷公園は15日、雄の親が死んだ国の特別天然記念物コウノトリのひな3羽を、園で飼育しているコウノトリのペアに預けると、順調に育て始めたと発表した。園は、卵でなくひなを親で...

  • 変異株、東京で増加顕著 (4/16)

     東京都は15日、新型コロナウイルスの感染状況を分析するモニタリング会議を開き、関西圏で流行する変異株について専門家が「都内で著しく増加している」との見解を示し「5月の大型連休前に感染者数が急増する可...

  • 5月10日の週から6回接種 (4/15)

     政府は、65歳以上の高齢者の新型コロナウイルスワクチン接種に関し、1瓶当たり6回打てる特殊な注射器を5月10日の週から使用する方針を固めた。従来の5回接種から、全面的に切り替える。近く発表する。関係...

  • 「50年脱炭素」議論開始 (4/15)

     菅政権が重点政策の一つに掲げる「2050年までの脱炭素社会の実現」を基本理念に明記した地球温暖化対策推進法改正案が15日、衆院本会議で審議入りし、今後の取り組みを巡る議論がスタートした。政府は太陽光...

  • 国内4576人感染、35人死亡 (4/15)

     国内で15日、新たに4576人の新型コロナウイルス感染者と35人の死者が確認された。厚生労働省によると、重症者は前日から23人増えて631人となった。 新規感染者の内訳は大阪1208人、東京729人...