ニュース

集団接種の訓練、3割どまり 看護師確保、2割見通せず

2021/3/27 21:05
 新型コロナウイルスワクチンの接種訓練

 新型コロナウイルスワクチンの接種訓練

 新型コロナウイルスワクチンの住民接種事業を担う全1741市区町村のうち、公民館などでの集団接種を想定した事前訓練を実施済みや予定しているのは約3割の約490市区町村にとどまることが27日、厚生労働省の調査で分かった。各接種会場に配置する医師確保の見通しが立っていない自治体は約1割、看護師では約2割に上ったことも判明した。

 1994年の予防接種法改正で個別接種が中心となり、集団接種はほとんど行われておらず、市区町村に十分なノウハウがない。短期間に多数に接種する前例のない国家的事業が円滑に進むかどうか、課題を残す形となった。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

科学・環境・医療の最新記事
一覧

  • コウノトリ、親でなくても子育て (4/15)

     兵庫県豊岡市の県立コウノトリの郷公園は15日、雄の親が死んだ国の特別天然記念物コウノトリのひな3羽を、園で飼育しているコウノトリのペアに預けると、順調に育て始めたと発表した。園は、卵でなくひなを親で...

  • 行革相、高齢者接種の混乱陳謝 (4/20)

     河野太郎行政改革担当相は20日の記者会見で、新型コロナワクチンの高齢者向け接種を巡り、自治体に予約が殺到して混乱を招いたとして「ご迷惑をお掛けし、大変申し訳ない。必要な措置を取っておくべきで、私の指...

  • 歯科医師もワクチン注射 (4/20)

     新型コロナウイルスワクチン接種を巡り、田村憲久厚生労働相は20日の閣議後記者会見で、医師や看護師に限られていたワクチンの注射を歯科医師にも認める方向で検討していると明らかにした。 田村氏は「一般の方...

  • ワクチンの入国条件化反対 (4/20)

     【ジュネーブ共同】新型コロナウイルス感染症を巡る世界保健機関(WHO)の緊急委員会は19日、ワクチン接種を入国に必要な条件としないよう加盟国に勧告した。各国間の渡航にワクチン接種が必須となった場合、...

  • 高齢者1万3千人が接種 (4/19)

     首相官邸は19日、65歳以上の高齢者計1万3千人余りが新型コロナウイルスワクチンの接種を受けたとの18日時点の集計を発表した。医療従事者は16日時点で、約119万8千人が1回以上接種を受けた。政府の...