ニュース

子どもの貧困、データで把握を 政府、自治体に導入促す

2021/3/28 17:00
 臨時休校中の子どもの受け入れを開始した小学校で給食を食べる児童(本文とは関係ありません)=2020年3月、茨城県つくば市

 臨時休校中の子どもの受け入れを開始した小学校で給食を食べる児童(本文とは関係ありません)=2020年3月、茨城県つくば市

 政府は、データベース(DB)を活用した子どもの貧困対策を自治体に求める方針を固めた。自治体が保有する生活保護の受給状況や、学校にある学力、体力、給食費滞納といった、さまざまな情報を一元化し、問題を抱えながら声を上げられない子どもたちを見つけ出す仕組みの導入を促す。客観的なデータにより外からは気付きにくい家庭の問題や変化を早期に発見し、支援を届ける狙い。

 新型コロナウイルス感染症による雇用悪化で生活が苦しい世帯が増え、子どもへの影響も懸念されている。手助けなく孤立する子どもの増加や家庭での虐待にもつながりかねず、対策は急務だ。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

社会の最新記事
一覧

  • 岡山の2療養所に解剖記録 (4/21)

     岡山県瀬戸内市にある国立ハンセン病療養所「長島愛生園」と「邑久光明園」で、1930〜90年代に亡くなった入所者計約3千人分の解剖記録が残っていることが21日までに、両園への取材で分かった。隔離政策の...

  • 乗鞍岳で雪崩、1人死亡 (3/15)

     14日午前10時ごろ、北アルプス乗鞍岳で雪崩が発生し、複数の人が巻き込まれたと長野県松本市の地元消防に通報があった。長野県警によると、5人が巻き込まれ、滋賀県野洲市の自営業戸田尚哉さん(49)の死亡...

  • 東海道新幹線、運転一時見合わせ (4/21)

     21日午後7時35分ごろ、小田原駅(神奈川県小田原市)に停車していた東海道新幹線下り線のこだま751号で、乗客から「異臭がする」と申告があった。車両点検のため、東京―小田原間の上下線の運転を見合わせ...

  • 笠松競馬、元調教師ら12人処分 (4/21)

     岐阜県笠松町の笠松競馬所属の騎手や調教師らが馬券を不正購入していた事件で、県地方競馬組合は21日、馬券購入に関与していた元調教師ら12人を競馬への関与を禁止する処分にした。組合管理者の笠松町の古田聖...

  • 海自、仏空母と中東で共同訓練 (3/21)

     海上自衛隊は21日、アフリカ東部ソマリア沖アデン湾の海賊対処のため派遣していた護衛艦「ありあけ」が中東海域で、フランス海軍の原子力空母「シャルル・ド・ゴール」や米海軍の艦艇と相次いで戦術訓練をしたと...