ニュース

北京でまた激しい黄砂 大気汚染指数最悪

2021/3/28 19:33
 黄砂に見舞われ、かすむ北京市内=28日(共同)

 黄砂に見舞われ、かすむ北京市内=28日(共同)

 【北京共同】北京市内は28日午前、激しい黄砂に見舞われた。黄砂は15日以来で、街が黄色にかすんだ。午後には風が強まり改善した。

 新華社電によると、モンゴル中部で発生した黄砂が飛来、内モンゴル自治区、甘粛省、山西省などで影響を受けた。北京市内は6段階ある大気汚染指数が最悪となり、粒子状物質「PM10」の濃度が一時、1立方メートル当たり2千マイクログラムを超えた。

 黄砂の発生は春先に多く、雪解けが進むと地面の砂が風に舞い上がり、偏西風に乗って飛来する。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

国際の最新記事
一覧

  • ニュージーランド沖でM6・9 (3/5)

     【シドニー共同】米地質調査所(USGS)によると、ニュージーランド沖で5日午前2時27分(日本時間4日午後10時27分)ごろ、マグニチュード(M)6・9の地震があった。震源はニュージーランド北島の北...

  • 台湾交通相の辞職承認 (4/15)

     【台北共同】台湾行政院(政府)の報道官は15日、特急列車脱線事故の責任を取るとして林佳竜交通部長(交通相)が表明していた辞意を、蘇貞昌行政院長(首相)が承認したと明らかにした。蔡英文総統も林氏の辞意...

  • 決選はケイコ氏有利か、ペルー (4/15)

     【サンパウロ共同】南米ペルーの大統領選でアルベルト・フジモリ元大統領(82)の長女ケイコ氏(45)が14日、決選投票進出を決めた。過去の大統領選に絡む資金洗浄罪などで起訴されているが、根強いフジモリ...

  • 米政権、台湾と関係強化を表明 (4/15)

     【台北共同】台湾の蔡英文総統は15日、総統府で米国のドッド元上院議員やアーミテージ元国務副長官らの非公式代表団と会談した。ドッド氏は「台湾との協力関係を引き続き堅持する」と述べ、バイデン政権が民主主...

  • NATO、アフガンから共に去る (4/15)

     【ブリュッセル共同】北大西洋条約機構(NATO)は14日、ブリュッセルの本部に米国のブリンケン国務長官、オースティン国防長官らを迎えて加盟国外相、国防相のオンライン会合を開いた。会合後、米国を含む3...