ニュース

余ったワクチンを子に接種、大阪 停職の看護師「もったいない」

2021/3/29 17:14

 大阪市民病院機構は29日、市立総合医療センター(同市都島区)の女性看護師(45)が余って廃棄予定だったインフルエンザワクチンを持ち帰り、自分の子ども3人に接種したとして停職3カ月の懲戒処分にした。看護師は「捨てるのはもったいないと思った」と説明している。

 機構によると、看護師は2019年12月ごろ、ワクチンと注射器3本を自宅に持ち帰り、子ども3人に接種した。使用済みの注射器などは病院で医療廃棄物として処分した。医師の指示がなく、医師法などに抵触する可能性があるという。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

新型コロナの最新記事
一覧

  • アップル、新iPadプロ販売へ (4/21)

     【ニューヨーク共同】米アップルは20日、自社開発の高性能プロセッサーを搭載したタブレット端末「iPad(アイパッド)プロ」とデスクトップパソコン「iMac(アイマック)」の新製品を5月後半から販売す...

  • 首相、緊急宣言23日に決定 (4/22)

     菅義偉首相は21日、新型コロナウイルス感染が広がる東京都、大阪府、兵庫県に対する緊急事態宣言発令を23日の対策本部会合で決める意向を固めた。期間は4月下旬からの大型連休を含める方針。京都府も発令対象...

  • NY株、反発 (4/21)

     【ニューヨーク共同】21日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は反発し、午前10時現在、前日比139・36ドル高の3万3960・66ドルをつけた。ハイテク株主体のナスダック総合指数は60・5...

  • 国内の新規感染者、5292人 (4/21)

     国内で21日、新たに5292人の新型コロナウイルス感染者が確認された。感染者数が5千人を超えたのは、1月22日以来。前回の緊急事態宣言が全面解除された3月21日から増加傾向が続いており、今月7日に3...

  • 東京、緊急事態宣言を要請 (4/21)

     東京都は21日夜、新型コロナウイルス対応の改正特別措置法に基づく緊急事態宣言の発令を政府に要請した。小池百合子知事は都庁で報道陣の取材に対し「大型連休を前に宣言を出すことが必要だ」と述べた。 関係者...