ニュース

相撲協会、約50億円の赤字 過去最大、コロナで大打撃

2021/3/29 20:27
 20年3月、史上初めて無観客で開催された大相撲春場所の千秋楽。全取組終了後に協会あいさつが実施された=エディオンアリーナ大阪

 20年3月、史上初めて無観客で開催された大相撲春場所の千秋楽。全取組終了後に協会あいさつが実施された=エディオンアリーナ大阪

 日本相撲協会は29日、東京都内で評議員会を開いて2020年度の決算を承認し、経常収益から経常費用を差し引いた額は約50億円のマイナスで、協会担当者によると過去最大の赤字となった。新型コロナウイルスの影響による観客制限など、収入の柱である入場券の売り上げが大幅に減り、大打撃を受けた。

 赤字は6年ぶり。八百長問題の影響で1場所中止となった11年度の約49億円を上回った。担当者によると、新型コロナの影響がしばらく続くとみて、21年度も30億〜35億円の赤字を見込む。今後3年間の赤字を100億円以内に抑え、その後、黒字回復につなげる中期計画に取り組んでいく。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

スポーツの最新記事
一覧

  • 宮沢はスプリント予選敗退 (2/25)

     【オーベルストドルフ(ドイツ)共同】ノルディックスキーの世界選手権第2日は25日、ドイツのオーベルストドルフで距離スプリント・クラシカルが行われ、男子(1・5キロ)は29歳で5大会連続代表の宮沢大志...

  • 東京五輪、持続可能性低い (4/20)

     1992年以降のオリンピックで持続可能性がどの程度配慮されたか分析した結果を、スイスなどの国際チームが19日付英科学誌に発表した。環境負荷、社会正義、経済性の3分野で評価し、今夏の東京五輪は規模が大...

  • 渡辺がNBAラプターズと本契約 (4/19)

     【ニューヨーク共同】米プロバスケットボールNBAのラプターズは19日、渡辺雄太と本契約を結んだと発表した。今季は下部チームに所属しながら一定期間NBAでプレーできる「ツーウエー契約」を結んでいたが、...

  • 聖火、高知の清流四万十川渡る (4/19)

     東京五輪の聖火リレーは19日午後も高知県西部で続き、四万十市では「最後の清流」と呼ばれる四万十川に架かる四万十川橋(赤鉄橋)や佐田沈下橋をランナーがトーチを掲げ、駆け抜けた。 宿毛市では、全国障害者...

  • 飲酒もインターハイ予選容認 (4/19)

     奈良市の奈良県立山辺高サッカー部の部員らが2月に飲酒や喫煙をした問題で、県教育委員会は19日に記者会見し、同部が5月から始まる全国高校総合体育大会(インターハイ)サッカー県予選に出場することを容認す...